八日目の蝉:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
八日目の蝉
八日目の蝉

八日目の蝉

2011年4月29日公開、147分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

角田光代のベストセラー小説を映像化した深遠な人間ドラマ。主人公は、不倫相手の子供を誘拐し4年間育てた希和子と、彼女に育てられた過去を引きずったまま大人になった恵理菜。“母性”をテーマに、それぞれが抱える複雑な思いを、時に繊細に、時に力強く描出。変化を遂げていく女たちの姿に引き込まれ、最後まで目が離せない。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

幼少の頃、父の愛人だった女性・希和子に誘拐され、育てられた過去を持つ恵理菜。希和子の逮捕により、4歳の時に実の両親の元に戻った彼女だったが、誰にも心を開けないまま、大学生になっていた。そんなある日、自分が不倫相手の子を妊娠したことを知った恵理菜は、揺れ動く思いの中で、希和子と過ごした過去と向き合うように。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2011年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
147分
製作会社
「八日目の蝉」製作委員会(日活=松竹=アミューズソフトエンタテインメント=博報堂DYメディアパートナーズ=ソニー・ミュージック)

[c]2011映画「八日目の蝉」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.2 /33件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?