P・マッカートニーがビートルズ版権を故M・ジャクソンから奪回!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
P・マッカートニーがビートルズ版権を故M・ジャクソンから奪回!

映画ニュース 2013/8/16 15:30

P・マッカートニーがビートルズ版権を故M・ジャクソンから奪回!

ポール・マッカートニーは、ATV(Associated Television Corporation)がビートルズの楽曲を含む全ての所有曲の著作権を売却した際、買収合戦でマイケル・ジャクソンに競い負け、「レット・イット・ビー」や「イエスタデー」などの大ヒット曲の版権を失っていた。

しかし、英国ザ・サン紙によれば、ポール・マッカートニーがこれらの楽曲の著作権を奪回することになりそうだという。

ポールは、1985年にATVが所有する楽曲の版権を手放した時、マイケル・ジャクソンが買収合戦に加わり、4750万ドルでビートルズの楽曲の著作権を獲得したことに猛烈に激怒し、ふたりの友情に亀裂が入ったと言われていた。マイケルの生前、ポールはインタビューで「腹が立つのは、僕は自分の曲を演奏する度に(マイケルに)金を払わなければならないということだ。『ヘイ・ジュード』を歌う度に、僕は金を払っている」と語ったことがあった。

しかし、米国著作権法は、1978年より前に書かれた曲の著作権は56年後に作者の所有になると定めているので、5年後にはポールが自作の楽曲の版権を奪回できるという。

「ポールは何十年も怒り続けてきた。それはビジネス的なことではなく、もはや個人的なものだった。ようやく彼の曲の著作権が、正当な所有者のもとに戻ってくる」と関係者はザ・サン紙に話している。【UK在住/ブレイディみかこ】