ジュード・ロウ「全裸になってすっきり!」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2013/10/6 10:01

ジュード・ロウ「全裸になってすっきり!」

ハリウッド女優が惜しげなくヌードをさらす時代が再到来しているが、俳優にもそのトレンドは波及しているようだ。

この度全裸を披露したのは、新作『Dom Hemingway』(全米2014年4月14日公開)で主役のドン・ヘミングウェイに扮したジュード・ロウ。何シーンかでジュードのヌード姿が拝めるが、「最初のシーンで、まず全裸のシーンを撮る必要があると思ったから、そう主張したんだ。セットを全裸でブラついて、自分もスタッフたちも平然としていられるのであれば、いけるって思ったからなんだ。本番前のテスト段階で全裸になったんだけど、とても解放された気分になったし、素晴らしいシーンが撮れたよ」とエンパイア誌のインタビューで語っている。

ジュードは今作の役作りのため、ひげ面に八の字に剃りあがったヘアスタイルで美男子を封印したことでも評判だったが、コーラを10本飲み、夜にジャンクフードを食べて28ポンド(約12.7キロ)も体重を増やし、ヘビースモーカーの役どころのために40日間タバコを吸い続けるという入れ込みようで、最後は気分が悪くなったほどだったという。

太った体ではあるが、下半身は手で押さえているももの、全裸のジュードが、ワイン畑で共演者と口論の挙句に怒って畑を去っていく後ろ姿などがデイリー・メール紙に掲載されているが、実際の作中で下半身を露出しているのかは明らかになっていない。

なお、人気テレビドラマ「トゥルーブラッド」では、アレクサンダー・スカルスガルドが炎にまかれるシーンで、完全なフルフロンタル(ペニス露出)姿を披露しており、男優の間でも全裸がトレンドとなりつつあるようだ。【NY在住/JUNKO】