私の夫は二人いる:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
私の夫は二人いる
私の夫は二人いる
-

私の夫は二人いる

1955年2月24日公開、93分、ミュージカル
  • 上映館を探す
  • みたい
    -
  • みた
    -
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ジョニー・タップス製作のミュージカル。W・サマセット・モームの舞台劇を「長い灰色の線」のエドワード・ホープとレオナード・スターンが脚色、「不時着結婚」のH・C・ポッターが監督した。テクニカラー撮影は「征服への道」のアーサー・E・アーリング、音楽はモリス・W・ストロフ。「百万長者と結婚する方法」のベティー・グレイブル、TV スターのジャック・レモン、「ショウ・ボート(1951)」のマージ及びガワー・チャンピオン夫妻、マイロン・マコーミックらが出演する。

ストーリー

ブロードウェイのミュージカル・スター、ジュリー(ベティー・グレイブル)は同じ舞台に出演しているダンサーのヴァーノン(ガワー・チャンピオン)と結婚したばかりだったが、そこへ戦死したはずの彼女の先夫でショーの演出者だったマーティ(ジャック・レモン)が元気な姿で帰還して来たので、驚きのあまり卒倒してしまった。何も知らぬマーティはジュリーに早く家に帰ろうというが、その家こそ今はジュリーとヴァーノンのスウィート・ホームだ。当惑するヴァーノン、心配するヴァーノンの相手ダンサー、グウェン(マージ・チャンピオン)、支配人マイクも一緒にジュリーの家へ行き、マーティはようやく事の真相を知って大憤慨、その夜からマーティとヴァーノンがジュリーを狙って牽制し合う奇妙な3人の共同生活が始まった。しかし、やがてヴァーノンもマーティも、それぞれ自分の奇妙な立場にくさって家を出、ホテル住いをするようになった。だがマーティはやはり彼女を思い切れず、2人が初めて会った思い出の酒場へジュリーをつれて行き、ヨリを戻すことに成功した。ジュリーはヴァーノンに別れ話をしに行ったが、さて会ってみると、これまた思い切れず、はてはマーティとヴァーノンがジュリーの家で再び鉢合わせする結果となった。おこったマーティはネヴァダの山奥へ静養に出かけた。マイクとグウェンはヴァーノンと新しいショーを企画し猛練習に励んだ。だが、このショーが興行的に成功おぼつかないことを知ったマーティは一切を棄てて練習に参加した。ジュリーも協力を申し出た。烈しい練習をつづけるうち、マーティとジュリーは次第に本当の愛情を再び感じあい、またヴァーノンは、グウェンの真情にほだされるようになった。ショーはおそらく大成功であろう。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
Three for the Show
製作年
1955年
製作国
アメリカ
配給
コロムビア映画会社
初公開日
1955年2月24日
上映時間
93分
製作会社
コロムビア映画
ジャンル
ミュージカル


[c]キネマ旬報社