私はそんな女:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
私はそんな女
私はそんな女
-

私はそんな女

1964年4月1日公開
  • 上映館を探す
  • みたい
    1
  • みた
    -
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ロバート・ロウリーの原作をウォルター・バーンスタインが脚色、「橋からの眺め」のシドニー・ルメットが監督した風俗ドラマ。撮影は「波止場」のアカデミー賞作家ボリス・カウフマン、音楽はダニエル・アンフィシアトロフの担当。製作は「道」のカルロ・ポンティとマルチェロ・ジローシ。出演者は「ボッカチオ70」のソフィア・ローレン、「くたばれヤンキース」のタブ・ハンター、「黒騎士」のジョージ・サンダース、「十二人の怒れる男」のジャック・ウォーデン、「裸者と死者」のバーバラ・ニコルズ、キーナン・ウィンなど。

ストーリー

第2次世界大戦も終局に近づいた頃。落下傘兵士レッド(タブ・ハンター)と親友ケリー(ジャック・ウォーデン)は、ニューヨーク行特急列車の中で、美しい娘、ケイ(ソフィア・ローレン)とジェーン(バーバラ・ニコルズ)に知合った。2人には、ハリー(キーナン・ウィン)という男が一緒だったが、レッドは、ケイにひとめでひきつけられた。ペンシルバニアに着いたケイとジェーンが、贅沢な邸に落ち着くとハリーは、ケイの世話をしている“男”(ジョージ・サンダース)に2人の無事を告げた。ケイは男の囲われ者だったのだ。しかし、ケイを忘れられないレッドは、それからも何度か彼女の前に現れた。今の生活から足をあらい、自分と幸福な生活に入ろうと説くレッドに、いつしかケイは、愛情の美しさを無視して過ごしてきた自分の生活に、疑問をもつのだった。レッドの存在を知った男は、経済的安定が人生には何より大切だと、ケイを止めようとしたが、ケイはレッドと新しい生活に入ろうと決心していた。レッドが次の出征地に行くために乗った汽車が、125丁目駅に、停車することを知ったケイは、ハリーの止めるのも聞かず、タクシーを駅に走らせた。数分後、列車の中で、肩を並べたケイとレッドの幸福そうな姿があった。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
That Kind of Woman
製作年
1959年
製作国
アメリカ
配給
パラマウント
初公開日
1964年4月1日
製作会社
パラマウント映画


[c]キネマ旬報社