アモス&アンドリュー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

アモス&アンドリュー

1993年11月6日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

黒人であるというだけで泥棒と勘違いされてしまった人類学者と、不祥事をモミ消すために駆り出された囚人の珍妙な物語。監督、脚本はこれがデビュー作となる脚本家のE・マックス・フライ。製作陣はゲイリー・ゴーツマン、マーシャル・パーシンガー、ジャック・カミングスの3人。彼らは、ジョナサン・デミ監督の作品のほとんどにかかわってきたスタッフだが、実はデミ自身もノー・クレジットで製作総指揮として本作に参加した。主演は「ハネムーン・イン・ベガス」のニコラス・ケイジと「ジュラシック・パーク」のサミュエル・L・ジャクソン。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

人類学者として名の知れている黒人のアンドリュー・スターリン(サミュエル・L・ジャクソン)は、リゾート地に豪華な別荘を買った。隣人のギルマン夫妻(マイケル・ラーナー)(マーガレット・コリン)は、引っ越し最中のアンドリューを黒人のコソ泥と間違えて、警察に通報し、取材に来たレポーターにも同じことを証言した。トリバー署長(ダブニー・コールマン)は警官たちを引き連れてアンドリュー邸にやってきて銃を発砲した。アンドリューは慌てて部屋に戻り電話してきたトリバーに訳の分からない攻撃を受けたことを話した。勘違いだと分かったトリバーは、この不祥事をモミ消すため、刑務所に収容されているアモス(ニコラス・ケイジ)を呼び寄せた。アンドリューを人質に取り、家に立てこもれば釈放してやるとの条件に、アモスは早速アンドリューの家に入り込んだ。しかし、それは岸で、トリバーはアモスを捕えて手柄をたてようとしていた。さらに、別荘に乗り込んだトリバーは、アモスにアンドリューのような黒人は撃ってしまえと暴言を吐いた。アンドリューは怒ってトリバーを殴り、2人はギルマン邸にあがり込む。ギルマン邸には、ギルマン夫妻がTVレポーターのインタビューに答えたビデオがあった。それを見た二人は事の真相を知る。アモスは電話で宅配ピザを注文し、後から来た報道陣にビデオを渡すよう、ピザを運んで来た女の子に頼んだ。アモスとアンドリューはギルマンの車に乗って逃走するが、その際、犬をけしかけてトリバーに復讐した。アンドリューと別れたアモスはカナダへ向かって車を走らせる。

作品データ

原題
Amos & Andrew
製作年
1993年
製作国
アメリカ
配給
アスキー映画
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?