美しき愛のかけら|MOVIE WALKER PRESS
MENU

美しき愛のかけら

1971年12月1日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

カトリック神父の、教会への疑問とヒューマニズムと恋愛を描いた作品。製作はロバート・F・ブラモフ、監督はダニエル・ホーラー、ウィリアム・E・バレットの小説「酒と音楽」をロジャー・O・ハーソンが脚色、撮影はチャールズ・ウィーラー、音楽はミシェル・ルグラン、編集はウィリアム・シュラックがそれぞれ担当。出演は「レッド・ムーン」のロバート・フォスター、「お前と俺」のローレン・ハットン、「冷血」のウィル・ギア、アイヴォー・フランシス、リチャード・オブライエンなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

アルバカーキの助祭グレゴリー・リンド神父(ロバート・フォスター)は、進歩的で現代的な神父である。反対に司祭のポール・シェイファー神父(アイヴォー・フランシス)は厳格な、旧態依然たるしきたりを重んじる神父である。病院に入院している少年レイマンドの臨終にかけつけたリンドは、つき添いのソーシャル・ワーカー、パメラ・ギブソン(ローレン・ハットン)に出会った。死亡した少年の身辺を調べたいと思ったリンドは、パメラの経営する社会事業センターをたずね、少年のガールフレンド、エステラの妊娠を知った。精神的、肉体的未発達のゆえに中絶を主張するパメラに対し、リンドは宗教上からそれに反対し、口論した。数日間、教会の仕事に忙殺されていたリンドは、エステラの出血を聞き、病院にかけつけた。一晩中苦しんで流産した少女の看護に疲れはてたパメラをアパートまで送りとどけた時、彼女の情熱に負けて、リンドはその夜泊まってしまった。リンドはパメラへの愛を深め、妻帯を認めない教会の慣行を打ち破ろうと努力したが、容易ではなかった。休暇をとった彼は、救急車の運転手として働きながら、解決策を見出そうとし、友人のフランシス・ハリー(リチャード・オブライエン)や母親に相談をもちかけたが、無駄であった。ついにリンドは司教(ウィル・ギア)をたずね、ローマ行きを願い出た。聖職は離れるが、教会を離れないという彼を、司教は冷たくつき離した。リンドの心は決まった。彼はパメラを訪れた。人間として愛に生きようと決意したのである

作品データ

原題
Pieces of Dreams
製作年
1970年
製作国
アメリカ
配給
ユナイト作品
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?