ミスター・サタデー・ナイト|MOVIE WALKER PRESS
MENU
ミスター・サタデー・ナイト
ミスター・サタデー・ナイト

ミスター・サタデー・ナイト

1993年6月19日公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ショービジネスの世界に身を投じた兄弟の数十年間にわたる葛藤を中心に、家族、夫婦の情愛を描く年代記風のドラマ。「シティ・スリッカーズ」のビリー・クリスタルが製作・脚本・監督・主演と一人四役を務めた。製作総指揮はローウェル・ガンツとババルー・マンデル。脚本はクリスタル、ガンツ、マンデル。撮影はドナルド・ピーターマン。音楽はマーク・シャイマンがそれぞれ担当。出演はクリスタルの他、「シティ・スリッカーズ」のデヴィッド・ペイマー、「飛べバージル プロジェクトX」のヘレン・ハント、「ドク・ハリウッド」のジュリー・ワーナー、「運命の逆転」のロン・シルバーら。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ユダヤ人の兄弟、兄スタン(デヴィッド・ペイマー)と弟バディ(ビリー・クリスタル)は、人を笑わせるのが大好きで、週末の夜は近所の人々に物まねやコントを見せ有頂天になっている。ある晩、2人はアマチュア・コメディアンのオーディションに出演するがバディが大笑いをとり、それをきっかけに彼はコメディアンとして頭角を現していく。一方スタンは華やかなスポットライトを浴びる弟の影に隠れ、マネージャー兼付き人として裏方に徹していた。バディはその毒舌たっぷりのブラックな話術で人気絶頂の有名人となり、「エド・サリバン・ショー」へ出演することに。だが彼の前の出演がビートルズだったため、バディはアタマにきてしまい、自分の番になってショーを目茶苦茶にしてしまう。急速に人気を失ったバディはドサ廻りの芸人におちぶれてしまう。レストラン、安ホテル、ボーリング場、ストリップ劇場、韓国人経営のクラブ。道中、スタンと妻エレーンの励ましを受け再出発を決意するバディ。そして今日もフロリダの老人ばかりのホテルで、得意のトークを披露する彼の姿があった。

作品データ

原題
Mr. Saturdaynight
製作年
1992年
製作国
アメリカ
配給
アスキー映画
上映時間
0分
製作会社
キャッスルエンターテイメント=フェイスプロ作品

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?