評決のとき:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
評決のとき
評決のとき
3.2

評決のとき

1996年12月28日公開、サスペンス・ミステリー
  • 上映館を探す
  • みたい
    0
  • みた
    9
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

人種差別問題が絡んだ事件の裁判を通して、正義と真実の問題に取り組む人々の姿を描いたサスペンス・タッチのヒューマン・ドラマの感動作。「ペリカン文書」「依頼人」などのベストセラー作家、ジョン・グリシャムが新米弁護士時代の体験に基づく処女小説(邦訳・新潮文庫)を、自ら製作も兼ねて映画化。これまでのグリシャム映画と同様、法廷サスペンスのスタイルを取りながらも、重いテーマをエンターテインメントと両立させる手腕が見事。監督には原作者自身に指名によって「依頼人」のジョエル・シュマッカーが再登板し、脚本も同作のアキヴァ・ゴールズマン。製作は「ヒート」のアーノン・ミルチャン、「依頼人」のマイケル・ネイサンソン、グリシャムの共同。撮影は「ダイ・ハード3」のピーター・メンジーズ・ジュニア、音楽は「バットマン・フォーエヴァー」のエリオット・ゴールデンサル、美術は「フォーリング・ダウン」のラリー・フルトン、編集は「ザ・ファーム 法律事務所」のウィリアム・スタインカンプ、衣裳は「依頼人」のイングリット・フェリン。主演には「ボーイズ・オン・ザ・サイド」の新星マシュー・マコノヒーが大抜擢され、「ダイ・ハード3」のサミュエル・L・ジャクソン、「恋する泥棒」のサンドラ・ブロック、「ユージュアル・サスペクツ」「セブン」のケヴィン・スペイシー、「アウトブレイク」のドナルド・サザーランド、「三銃士(1993)」のキーファー・サザーランドとオリヴァー・プラット、「ヒート」のアシュレイ・ジャッドら多彩な顔ぶれも見もの。

配信で観る

ストーリー

10歳の娘を強姦した2人の白人男性を殺害し罪に問われた黒人の工場労働者を、若い弁護士が弁護する。保守的なアメリカ南部における疑惑と偏見の物語。

フォトギャラリー

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
A Time to Kill
製作年
1996年
製作国
アメリカ
配給
日本ヘラルド映画配給(日本ヘラルド映画=ポニーキャニオン提供/特別協力*読売新聞社)
初公開日
1996年12月28日
製作会社
アーノン・ミルチャン・プロ(製作協力*リージェンシー・エンタープライゼス
ジャンル
サスペンス・ミステリー


[c]キネマ旬報社