底抜けニューヨークの休日|MOVIE WALKER PRESS
MENU

底抜けニューヨークの休日

1956年8月7日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

あとどのくらい生きられるかという人間の心理を風刺的に描いたミュージカル喜劇“ヘイゼル・フラッグ”から「エディ・フォイ物語」の製作監督チーム、ジャック・ローズとメルヴィル・シューヴルスンがマーティン=ルイスのためにシナリオを書き、「お若いデス」のノーマン・タウログが監督した。カメラと音楽は「画家とモデル」のダニエル・ファップとウォルター・スカーフ。マーティン=ルイスを助けて「死の猛獣狩」のジャネット・リー、「スカートをはいた中尉さん」のシェリー・ノース、「アニーよ銃をとれ」のエドワード・アーノルド等が出演する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ニュー・メキシコ州の小さな駅の駅員ホーマー(ジェリー・ルイス)は一生に一度のニューヨーク見物を思い立ち、ある日貨物列車に忍びこんだ。ところが乗った貨物車が切り離され、砂漠で道に迷ってしまう。そこは原爆実験場。知らずに、乗り捨ててあった自動車で街にやってきたホーマーは、その車に放射能ありと書いてあるのを知って気絶してしまった。ホーマーの名は全米に知れ渡った。放射能のため数日のうちに死ぬというのである。ニューヨーク・クロニクルの婦人記者ウォリー(ジャネット・リー)は社の招待でホーマーにニューヨークを見物させようと計画した。ホーマーを診察したスティーヴ((ディーン・マーティン)は自分の誤診であることが判ったが、見物がふいになるのでホーマーは喜ばなかった。やって来たウォリーを一目見たスティーヴは無用の診察を受けさせない条件で彼も同行すると三人で出発した。ニューヨークでは、ジタバグ踊り子(シェリー・ノース)と踊ったり、あちこちでの大歓迎にホーマーは良心にとがめて来た。ウォリーが結婚を申し込んだが、同情からで本当はスティーヴを愛していると知ったホーマーは結婚式で大暴れをした。ウォリーは彼の命を救おうと病院へかつぎ込み、ホーマーの健康体が明らかとなった。真相を知ったウォリーは社の面子の為、ホーマーに遺言を書かせて投身自殺の芝居をさせることにした。かくてホーマーは、ウォリーと河へ身投げしたが、市長の計らいで道路掃除夫となる、自分の葬式を見物した。

作品データ

原題
Living It Up
製作年
1954年
製作国
アメリカ
配給
パラマウント
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?