ヴァージニアン(1923):映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
ヴァージニアン(1923)
ヴァージニアン(1923)
-

ヴァージニアン(1923)

1923年公開
  • 上映館を探す
  • みたい
    -
  • みた
    -
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

オーウェン・ウィスターとカーク・ラ・シェルの合作になる小説と舞喜劇に基づき、ホープ・ロアリングとルイス・D・ライトンが脚色し、「天空征服」「影に怖えて」等と同じくトム・フォーマンの監督になり、主役は「天空征服」「恋の睡蓮」等で近頃帰り咲きのケネス・ハーランで、対手役には「女性を讃えよ」「偽りの唇」等出演のフローレンス・ヴィダーが出演する。その他ラッセル・シンプソン、パット・オマリー、レイモンド・ハットン等。

ストーリー

ヴァージニアンと呼ばれた牧童はモリーという都から来た娘の危難を救い、2人はやがて恋仲となる。ヴァージニアンはその付近で家畜を盗む悪人一味を探索するうち、親友のスティーヴがその一味であることを知ったが、法は曲げられずとて遂におきてに従って彼を絞首の刑に処した。ヴァージニアンは悪人の首領トランパスを追い詰めた時、彼に狙撃され、重傷を負って倒れているところをモリーに助けられる。やがて2人の結婚する日が来たが、その日トランパスが町へ帰って来た。男の意気地でヴァージニアンは彼と果たし合いをして、1発のもとに悪人をしとめた。野蛮であるとして彼を退けようとしたモリーも、彼がこの危地に臨んで動ぜず、微傷も負わずに帰ってきたのを見て初めて男の気性を了解し、2人は楽しい結婚の式を挙げる。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
The Virginian
製作年
1923年
製作国
アメリカ
配給
スター・フィルム
初公開日
1923年
製作会社
プリファード映画


[c]キネマ旬報社