マディソン郡の橋|MOVIE WALKER PRESS
MENU

マディソン郡の橋

1995年9月15日公開,134分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

たった4日間の恋に永遠を見いだした中年の男女の愛を描いた、大人のラヴストーリー。原作は、世界中でベストセラーになったロバート・ジェームズ・ウォーラーの同名小説(邦訳・文藝春秋刊)。映画化の争奪戦が繰り広げられ、監督や主演者の候補にさまざまな名前が挙がった。一時はスティーヴン・スピルバーグが監督と報じられたが、結局、監督・製作・主演の3役を「パーフェクト・ワールド」「許されざる者(1992)」のクリント・イーストウッドが兼任して映画化(スピルバーグ主宰のアンブリン・エンターテインメントとイーストウッドのマルパソ・プロの共同製作)。相手役には「愛と精霊の家」「激流」のメリル・ストリープを迎え、二人の共演が見もの。脚本は「フィッシャー・キング」のリチャード・ラグラヴェネス。製作はイーストウッドと、「コンゴ」のキャスリーン・ケネディの共同。原作に忠実に、アメリカ・アイオワ州マディソン郡でロケーション敢行した美しい撮影のジャック・N・グリーン、音楽のレニー・ニーハウス、編集のジョエル・コックスは、「パーフェクト・ワールド」「許されざる者(1992)」などにも参加した、イーストウッド作品の常連。美術はジャニーヌ・クラウディア・オップウォール。共演は「マルコムX」のアニー・コーリー、「理由」のヴィクター・スレザック、「アルカトラズからの脱出」「スリープウォーカーズ」のジム・ヘイニーら。キネマ旬報外国映画ベストテン第3位。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

89年冬。アイオワ州マディソン郡。フランチェスカ・ジョンソン(メリル・ストリープ)の葬儀を出すために集まった長男のマイケル(ヴィクター・スレザック)と妹のキャロリン(アニー・コーリー)は、母の遺書に「死んだら火葬にしてほしい」とあるのに当惑する。2人は彼らに当てた母の手紙と日記を読み始める……。65年秋。フランチェスカは結婚15年目で単調な生活を送っていた。夫のリチャード(ジム・ヘイニー)と2人の子供がイリノイ州の農産物品評会に出掛け、彼女は4日間、一人で家にいることになった。新鮮で開放的な気分になった彼女の前に、プロ・カメラマンのロバート・キンケイド(クリント・イーストウッド)が現れ、道を尋ねた。彼は、珍しい屋根付きのローズマン橋の写真を撮りに来ていた。フランチェスカは彼の魅力に引かれ、その晩、夕食に誘う。彼が宿に帰った後、「明日の晩、もう一度いかが?」とのメモを、明朝の撮影で彼が訪れる橋の上に残した。翌日、2人はホリウェル橋の上で落ち合った。二人は次第に打ち解け合い、キンケイドは新しいドレスを着た彼女の手をとり、ダンスを踊った。自然の成り行きで一晩中愛し合った2人は、次の日、郊外でピクニックを楽しんだ。残り時間がわずかなことに気づき始めた彼らは、その夜、親密に抱き合った。最後の朝はぎごちなさと不安の中で迎えた。フランチェスカは「これはお遊びなの?」となじるが、彼は「一緒に来てくれ」と言う。悩み苦しんだ末に、荷物をまとめた彼女だったが、家族のことを思うその顔を見て、キンケイドは去った。夫と子供たちが帰ると、元の日常が戻った。数日後、夫と買い物に街に出掛けた彼女は、降りしきる雨の中、立ち尽くすキンケイドの姿を見た。車から出ようとドアのノブに手をかける彼女だが、どうしてもできない。そして、彼とはそれきりだった。79年、夫リチャードが死去。彼の死後、フランチェスカはキンケイドに連絡をとろうとしたが果たせず、やがて彼の弁護士が彼の死を報せ、遺品が届いた……。手記を読みおえたキャロリンとマイケルは、母の秘めた恋に打たれ、2人は母の遺灰を彼女が愛したキンケイドと同じように、あの橋から撒いた。

作品データ

原題
The Bridges of Madison County
映倫区分
G
製作年
1995年
製作国
アメリカ
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
134分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.6
  • rikoriko2255

    フジ三太郎

    3.0
    2018/4/23

    この映画、監督候補だけでも、シドニー・ポラック->スピルバーグ->ブルース・ベレスフォード->イーストウッドと変遷。 フランチェスカ役も、イザベラ・ロッセリーニ->アンジェリカ・ヒューストン->ジェシカ・ラング->シェール->スーザン・サランドン->メリル・ストリープと変遷。 監督だけなら、シドニー・ポラックで良かったかな。ポラックだったら主演はレッドフォードだったらしい! 周囲がおばはんだと反対するなか、メリル・ストリープに強くこだわったのは、イーストウッド。当時のメリルには年齢もあり、魔女役しかオファーがなく、キャリアが終わったと感じていた頃だったので、この作品でオスカー主演女優候補となり、彼女の第2期黄金時代となった。イーストウッドの埋もれる才能を発掘する眼力にはいつもうならされます。 キンケイド役も、イーストウッドでなくても、ジーン・ハックマンかジャック・ニコルソンで見たかったかな。 結局、結末がああなったのは、田舎町では噂がすぐ広がるのが背景にあって、同じく不倫を起こした、ルーシーの孤立ぶりが描かれます。フランチェスカは後日、彼女の親友になるエピソードなど、「そらそうだわな」と思わせる物多し。 自分でも覚えがあるのが、フランチェスカが、キンケイドの使用したお風呂の後にすぐ自分も入り、この浴槽は彼が使ったんだ、と言ってエロティックな気持ちになる所。そのセリフのせいか、PG13指定がついたそうな。それ位なら「刑事ジョン・ブック」の方がもっと子ども向きではなかったような。 全編2人芝居です。イーストウッドがこんなにしゃべる映画は他にないのでは。映画の空気はほぼストリープが支配しています。なので、これをイーストウッドが監督したのがベストだったのか個人的には疑問。リメイクを希望。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    みるみる

    4.0
    2015/7/22

    映像美も主役二人も素晴らしかった。 4日間で運命の恋愛をするかどうかは別として、4日間の素敵な思い出では済まなかったというのがいい。プラトニックな恋愛ではないところが大人なんでしょうけど、家族を捨てられない、彼女を連れ去れないのも大人なんでしょうか。 私にとって泣ける作品ではないですが、雨のシーンはやっぱりズキンときますね。名場面です。 また見たいなぁ

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告