皇帝密使|MOVIE WALKER PRESS
MENU

皇帝密使

1985年3月公開,96分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

香港一の大泥棒がジェームズ・ボンドと名乗る秘密諜報部員から依頼されて女王陛下の宝石を奪い返すというアクション・パロディ映画。製作はカール・マックとディーン・セキ、監督はツイ・ハーク、脚本はレイモンド・ウォン、撮影はビル・ウォンとヘンリー・チャン、音楽はノエル・クインラン、テーマ曲はサミュエル・ホイが担当。出演はサミュエル・ホイ、カール・マック、シルヴィア・チェン、ジャン・マーサントなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

休暇でパリに来ていたキング・コング(サミュエル・ホイ)は、ある日突然、魅力的な女殺し屋(レリサ・モメイヤー)に襲われた。彼女に誘い出されてエッフェル塔に来た彼は突然、ビッグG(リチャード・キール)とサンダー(サンダー・スギヤマ)の二人組に襲われ、塔のエレベーターで取っ組み合いが始まった。どうにかその場を脱出したキング・コングは、セーヌ川に落ち、水の中でサメのような潜水艦に捕まった。そこには英国秘密諜報部の特別諜報部員のミスター・ボンド(ジャン・マーサント)がいた。彼は、キング・コングに、頼みたい任務があるので、それに適合するかテストしたのだと告げた。その任務とは、女王陛下からの特別なもので、王冠から盗まれて今は香港にある2つの宝石を取り戻してほしいというものだった。ボンドが付けた諜報員701号(ナオミ・オーツボ)を助手に、キング・コングは香港に戻るが、そこで本物の諜報部員トム・コリンス(ピーター・グレイヴス)から、ボンドこそギャング団の主領であることを聞かされる。コングは、友人のコドジャック刑事(シルヴィア・チェン)と協力して、宝石奪回を計画、コドジャックはボンドの取り引き相手に変装して潜入。大格闘の末、宝石を奪い返し大成功に終わるのだった。

作品データ

原題
女王密令
製作年
1984年
製作国
香港
配給
日本ヘラルド映画
上映時間
96分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?