美しさと哀しみと(1985):映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
美しさと哀しみと(1985)
美しさと哀しみと(1985)

美しさと哀しみと(1985)

1985年公開、0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

かつて大恋愛に陥った作家と少女が20年後に再会したことから生じるそれぞれの葛藤を描く。製作はピエール・ノヴァ。川端康成の同名小説を基に女流のジョイ・フルーリーが監督・脚本化。共同脚本はピエール・グリエ、撮影はベルナール・リュティック、音楽はジャン・クロード・プティが担当。出演はシャーロット・ランプリング、ミリアム・ルーセルほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

南仏エクサン・プロヴァンスに近い村の古い尼僧院でひっそりと暮らす彫刻家レア(シャーロット・ランプリング)は、美しい弟子のプルダンス(ミリアム・ルーセル)の強い愛を受けていた。ある年の大晦日、レアは一本の電話を受けた。主は作家のユーゴー(アンジェイ・ズラウスキー)だ。彼は20年前、まだ16歳だったレアが熱愛した男性だ。子供まで宿しながら、二人は別れたのだった。ユーゴーは、レアとの恋愛を小説にし、それがベスト・セラーとなっていた。別れた後、子供も死産し、レアは自殺を計ったのだった。生命をとりとめたレアは、その直後、母も亡くしていた。ユーゴーを前に、プルダンスは嫉妬と怒りで胸を締めつけられる思いだった。あれほど苦しめられながら、レアは、まだユーゴーを愛しているのだ。愛する師を不幸にしたユーゴーに彼女は復讐を誓うのだった。彼女はパリのユーゴーの家を訪ね、彼の息子マルタン(ジャン・クロード・アドラン)に会った。さらにユーゴーと再会したプルダンスは、ユーゴーを誘惑する。そのことを察知したレアは、プルダンスをなだめるが、彼女はユーゴーだけでなく、マルタンをも誘惑する。マルタンにせがんで夕暮の湖に出たプルダンス。やがて、レアのもとにボート遭難のニュースが入る。マルタンは死に、プルダンスは生命をとりとめるのだった。

作品データ

原題
Tristesse et Beaute
製作年
1985年
製作国
フランス
配給
パルコ=俳優座シネマテン
上映時間
0分
製作会社
パシフィック=GPFI=FR3フィルム

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?