戦場の花:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
戦場の花
戦場の花
-

戦場の花

1979年11月24日公開、戦争
  • 上映館を探す
  • みたい
    -
  • みた
    -
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

戦乱のなかで数奇な運命をたどる兄と妹の出会いを描く。監督は張錚、脚本は前渉、撮影は陳国梁と雲文耀が各々担当。出演は唐国強、陳沖、劉暁慶など。

ストーリー

30年のある嵐の夜、生活苦から妹、小花を売られてしまった趙永生(唐国強)の家へ暴動に失敗した紅軍の指導者の赤ん坊が預けられた。その子は“小花”と名づけられ、やがて成長した。しかし趙永生の実の両親は保安司令に殺害されてしまい、趙永生も家を出て、解放軍兵士となった。残った小花(陳沖)は、ひたすら兄を思いつづけていた。47年、解放軍が大別山にやってきた。兄を探しに解放軍を訪れた、“小花”は、そこで女医師と知り合い、衛生隊に参加。そして、彼女の養女になった。一方、趙永生の実妹の小花(劉暁慶)は身売りされてから養父に請け出され、何翠姑と名づけられ、遊撃隊の出色の女性英雄に成長していた。県城の攻略戦の中で、永生は養妹小花と再会し、故郷の村大興営にもどってきた。そして小花は養父母の仇をうつべく保安隊を攻め、勝利を収めた。時を同じくして何翠姑は区長として大興営にやって来て、実妹を探している趙永生とめぐり合うのだった。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
小花
製作年
1979年
製作国
中国
配給
東映セントラルフィルム
初公開日
1979年11月24日
製作会社
北京映画製作所
ジャンル
戦争


[c]キネマ旬報社