影なき淫獣:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
影なき淫獣
影なき淫獣

影なき淫獣

1976年3月6日公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

連続猟奇殺人事件を描く。製作はカルロ・ポンティ、監督は「愛のほほえみ」のセルジオ・マルティーノ、脚本はエルネスト・ガスタルディとS・マルティーノ、撮影はジャンカルロ・フェランド、音楽はグイドとマウリツィオ・デ・アンジェリスが各々担当。出演はスージー・ケンドール、ティナ・オーモンなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

イタリアのある学生街で講義の終ったある女学生が何者かに殺される。残忍な殺しのテクニック。次にまた1人。手がかりはスカーフ一枚。ダニー(ティナ・オーモン)はそれに見覚えがあった。ある日、彼女達は別荘に遊びに行った。2階にいるジェーン(スージー・ケンドール)を残し、死体をバラバラにして殺されたダニー達3人。やがてジェーンも狙われる。何んと犯人は彼女達の学校の先生だったのだ。

作品データ

原題
Torso
製作年
1975年
製作国
イタリア
配給
日本ヘラルド映画
上映時間
0分
製作会社
カルロ・ポンティ・プロ

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?