007/私を愛したスパイ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

007/私を愛したスパイ

1977年12月10日公開,125分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

KGBの美女スパイと共に敵地へ乗り込んでいくJ・ボンドの姿を描く「007」シリーズ第10弾。製作はアルバート・R・ブロッコリ、監督は「暁の7人」のルイス・ギルバート、脚本はクリストファー・ウッドとリチャード・メイバウム(ノヴェライゼーション/クリストファー・ウッド著『新わたしを愛したスパイ』早川書房刊)、原作はイアン・フレミングの「わたしを愛したスパイ」(早川書房刊)、撮影はクロード・ルノワール、音楽はマーヴィン・ハムリッシュが各々担当。主題歌をカーリー・サイモンが唄っている。出演はロジャー・ムーア、バーバラ・バック、クルト・ユルゲンス、リチャード・キール、キャロライン・マンロー、バーナード・リー、デズモンド・ルウェリン、ウォルター・ゴテル、スー・ヴァナーなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

波静かな地中海でイギリスの原潜が姿を消した--。さて、こちらはアルプスの山小屋。娘(スー・ヴァナー)と休暇を楽しんでいたJ・ボンド(ロジャー・ムーア)は、上司M(バーナード・リー)から緊急指令を受けた。そして同じ頃、モスクワのKGBでは、美人スパイのアニヤ(バーバラ・バック)が、上司ゴゴール(ウォルター・ゴテル)より、最近行方不明になったソビエトの原潜の探索を命じられる。何者かが戦略用に原潜航跡追跡システムを開発したらしい。早速ボンドは、このシステムのマイクロ・フィルムを追ってエジプトに飛んだ。一方、何者か--つまり地中海のある島沖の海底に本拠地を持つカール(クルト・ユルゲンス)が、マイクロ・フィルムを持ち出した裏切者を殺すためジョーズ(リチャード・キール)をさし向ける。やがて、マイクロ・フィルムを手にしたジョーズを追って、ボンドとアニヤが別々に砂漠を走り、ある寺院でボンドはマイクロ・フィルムを手に入れたが、もはや役に立たないものであった。初めは敵対していたボンドとアニヤであったが、2人に共通の敵がいると分かった今、2人は手を結び、カールの情婦ナオミ(キャロライン・マンロー)の攻撃もかわして、カールの本拠地へ向かう。やがて、カールの前に海洋学者として姿を現わした2人だが、すでに2人の正体は露見していた。一方、独自の調査をしていたアメリカ海軍は、カールの持つ巨大タンカー“リパラス”に攻撃をかけ、船内に、2船の行方不明の原潜があるのを発見。ボンドもこの戦いに加わり、勝利をおさめるが、カールはアニヤを連れ、海底要塞に逃げていた。海軍は要塞に魚雷攻撃をかけ、カールを葬り、そして立ちふさがるジョーズをまかすボンド。今、崩れ始めた要塞の浸水の中を、一組のカップルとして脱出するボンドとアニヤの姿があった--。

作品データ

原題
The Spy who Loved Me
製作年
1977年
製作国
イギリス
配給
ユナイト
上映時間
125分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    フジ三太郎

    3.0
    2020/2/23

    フレミング原作(レイプ被害女性の復讐物)とはほとんど無関係。松花堂弁当か、詰め合わせセットか・・。なにしろ、設定が「二度死ぬ」。監督も「二度死ぬ」のギルバートだし。冒頭はまんま「女王陛下」で、ソ連の女スパイと道中共にするのは「ロシアより」、悪役が大富豪なのは「ゴールドフィンガー」、盗まれるのが核で海が舞台なのは「サンダーボール」と、詰め込みまくり。
    他作品をそんなに見てない頃には楽しかったです。封切り時に入替無しの劇場で2回続けて見た記憶が。
    劇伴は、マービン・ハムリッシュ。ジョン・バリーとは全く違う劇伴が聴けます。「追憶」「スティング」「普通の人々」「コーラスライン」と、ロバート・レッドフォード絡みの作品が多く、70年代~80年代の売れっ子。冒頭やその他のアクション場面では、「サタデー・ナイトフィーバー」の影響か、ディスコティックな「チャラッラッ・タララン♪」なアレンジで、時代を反映。
    今回真新しいのは、エジプト・ロケ。はじめて悪役ジョーズやソ連の女スパイと出会うのですが、なぜエジプトなのかの説明が、不十分。敵のアジトが地中海方面だからそうなったのか? 謎めいた雰囲気を出すのは成功かもしれない。
    ジョーズ役リチャード・キールと女スパイ役バーバラ・パック、それに「ジョーズ」に○われる船長役、「ロシアより」でグラントを演じたロバート・ショーは、一緒に、フレミングのライバル作家、A.マクリーンの「ナバロンの嵐」に出演。ロバート・ショーは、「ナバロンの要塞」の主演グレゴリー・ペックが演じた役を引き継いでいます。しかも「ナバロンの嵐」では、ショーの上官役で、ハリソン・フォードも出演。007を意識した「インディ・ジョーンズ」俳優との隠れた共演が何とも楽しい。007とマクリーン映画化作品と両方出たのは、たぶんこの3人だけ。
    ※ 悪役にジョーズとわざわざ意識して来たのは、「ジョーズ」で、別なサメの腹から出て来たナンバープレートが「007」で、007を超えてやるとの、スピルバーグの挑発への返答。他にも、劇中わざわざ初めてボンドのテーマが流れる中、ボンドがサメならぬ魚をポイ捨てとか、スピルバーグへの挑発返しが楽しい。

    本作のクライマックスも「二度死ぬ」を彷彿とさせる大きなセットでの戦闘です。何であの軍隊がいて、英海軍中佐のボンドが指揮を執れるのか意味不明。※それにしても「二度死ぬ」のセットはデカかった・・。
    更に今作から、ソ連の"M"、ゴーゴル将軍が登場です。ムーア版では、後半の何作品かに登場します。

    敵役のクルト・ユルゲンスはドイツの名優。「目には目を」みたいな復讐劇もあり、中年まではプレイボーイだったらしい。ラウダとハントのF1争いを描いた「プライドと友情」では、ハントの女友達がクルト・ユルゲンスの悪口を言うシーンがあり、ああそんなにヨーロッパでは有名だったのか、と思い出した次第。

    違反報告