マーシェンカ|MOVIE WALKER PRESS
MENU
マーシェンカ
マーシェンカ

マーシェンカ

1987年12月12日公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ロシアでの初恋を抱き続ける若者の姿を描く。製作はヘルベルト・G・クロイバーとフリッツ・ブッテンシュテッド、エグゼクティヴ・プロデューサーはマンフレッド・ハイト、監督はジョン・ゴールドシュミット。ウラジミール・ナボコフの原作を基にジョン・モーティマーが脚色。撮影はヴォルフガング・トロイ、音楽はニコラウス・グロウナが担当。出演はケアリー・エルウィズ、イリーナ・ブルックほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1924年、ベルリン--ロシア移民の若者ガーニン(ケアリー・エルウィズ)は、ロシア上流階級の家庭の出であった。が、父が自由主義者であったために革命中に射殺され、彼はこの地に逃げて来たのだった。彼はリリー(ズニー・メレス)というドイツ娘の恋人がいたが、特別な感情は何もなかった。しかし、ガーニンが住むこのペンションの住人たちはみな無気力と怠惰な空気に包まれていた。そんな中で数学者のアルフョーロフ(ジョナサン・コイ)だけは、新妻が汽車で到着するのを待ち焦がれてウキウキしていた。一方、ロシア人の詩人、ポドチャーギン(フレディ・ジョーンズ)は、夢想の中に生きがいを求め、衰弱してゆく肉体を横たえていた。ある日、アルフョーロフが見せた彼の妻の写真を見てガーニンは驚いた。何とガーニンが唯一愛した初恋の女性マーシェンカ(イリーナ・ブルック)であったのだ。彼の記憶はロシアの夏、マーシェンカと過ごした幸福な日々をたどってゆく。ガーニンは無気力な今の生活から逃げ出すためにも、ロシアからやってくるマーシェンカをアルフョーロフの手から奪い、共に別の地に旅立とうと決意する。だが、死にゆくポドチャーギンの“追想こそが現実よりも価値がある”という言葉を思い知ったガーニンは、当日、マーシェンカの乗った汽車が駅に到着する前に、南仏行きの汽車にひとり乗り込むのだった。

作品データ

原題
Maschenka
製作年
1987年
製作国
フランス ドイツ イギリス
配給
俳優座シネマテン
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?