風の惑星 スリップストリーム:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
風の惑星 スリップストリーム
風の惑星 スリップストリーム

風の惑星 スリップストリーム

1989年3月4日公開、0分、アクション
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

環境汚染で荒廃とした地球を背景に、シェリフとバウンティ・ハンターの戦いを描く。エグゼキュティヴ・プロデューサーはナイジェル・グリーンとウィリアム・ブロンスタイン、アーサー・アスランスキー、製作はゲイリー・カーツ、監督・脚本は「トロン」のスティーヴン・リズバーガー、共同脚本はチャールズ・ポーグとトニー・ケイドン、撮影はフランク・タイディ、音楽はエルマー・バーンスタイン、特殊視覚効果は「エイリアン2」のブライアン・ジョンソンが担当。出演はマーク・ハミル、ポブ・ペックほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

大規模な環境汚染により文明が滅亡した地球で、人々は荒廃した風景の中から立ち上がり、小さな共同体を作って新たな生活を送っていた。そんな中、シェリフのウィル・タスカー(マーク・ハミル)は同僚のベリツキー(キティ・オルドリッジ)と手配中の殺人犯バイロン(ボブ・ペック)を逮捕するが、護送の途中とある交易所で、バウンティ・ハンターのマット(ビル・パクストン)によって彼を奪い去られる事件が起きた。そして逃亡の途中、マットとバイロンの間には奇妙な友情が生まれ始め、降り立った集落で知りあったエイリエル(エリナー・デイヴィッド)という娘の助けで、二人はとある都会の廃墟にたどり着いた。しかしそこにやって来たのは、あくまでバイロンを捕えようとするタスカーとベリツキーの二人であった。やがてお互いほのかな好意を抱くようになるマットとベリツキー。タスカーはマットとの格闘の末にバイロンを再逮捕、ところが護送の途中エアクラフトの操縦を誤ってしまい、岸壁に激突、機は炎上、一命をとりとめたバイロンは自由を手にし、マットとベリツキーは結ばれた。

作品データ

原題
Slipstream
製作年
1989年
製作国
イギリス
配給
松竹富士
上映時間
0分
製作会社
エンタテインメント・フィルム・デストリビュート
ジャンル
アクション

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?