薔薇の貴婦人|MOVIE WALKER PRESS
MENU

薔薇の貴婦人

1988年5月21日公開
  • 上映館を探す

16世紀のヴェネチアを舞台に、二人の女性の間で揺れ動く青年の姿を描く。製作はチーロ・イポリート、監督・脚本は「哀しみの伯爵夫人」のマウロ・ボロニーニ、共同脚本はマッシモ・フランシオーサ、撮影はベッペ・ランチ、音楽はエンニオ・モリコーネが担当。出演はラウラ・アントネッリ、モニカ・ゲリトーレほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

16世紀中頃、留学生のジュールズ(ジェーソン・コネリー)は、たった一日のバカンスを満喫するためヴェネチアの街におりたった。そんな彼の目にとまった一人の美女。彼女を追いかけて街をさまよううちに、ジュールズはアンジェラ(ラウラ・アントネッリ)という未亡人とぶつかってしまう。それでもなお謎の美女を探し求めるうちに、ジュールズはその女性ヴァレリア(モニカ・ゲリトーレ)の侍女オリア(クレリア・ロンディネッラ)と出会い、彼女にヴァレリアへの愛の伝言を頼むのだった。その頃アンジェラは、昼間に出会った青年の姿が忘れられず、女中のネナ(クリスティーナ・ノーシ)に彼を探し出すよう命じる。そしてジュールズはネナに誇われるままアンジェラの屋敷を訪ね、彼女の肉体の官能に溺れるのだった。一方オリアからジュールズの愛の告白を聞いたヴァレリアは、なかなかやって来ない彼に焦立ち始める。やがてジュールズはやって来るが、彼がアンジェラのペンダントを身につけているのを目にし、ヴァレリアは彼を追い返す。しかし後悔の念にさいなまれる彼女はジュールズを追いかけ、夫が戻ってくるまでのひととき、愛を交わしあう。そして一夜明け、ジュールズは輝く太陽のもと、爽やかにヴェネチアの町を後にするのだった。

作品データ

原題
La Venexiana
製作年
1984年
製作国
イタリア
配給
ジョイパックフィルム

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?