崖|MOVIE WALKER PRESS
MENU

1958年2月22日公開,108分
  • 上映館を探す

「カビリアの夜」のフェデリコ・フェリーニ、エンニオ・フライアーノ、トゥリオ・ピネリの三人の脚本によりフェリーニが監督した問題作。フェリーニは今回は、老ペテン師を通じて物欲と自我に凝りかたまった人間の内部を衝き、背徳的人間のたどる悲劇を描いている。撮影、音楽ともに「カビリアの夜」と同様、オテロ・マルテリ、ニーノ・ロータがそれぞれ担当している。主演は「必殺の一弾」などアメリカ映画に悪役を演じているブローデリック・クロウフォード、それに「道」のリチャード・ベイスハート、「カビリアの夜」のジュリエッタ・マシーナ、それにフランコ・ファブリッツィ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

オーギュスト(ブローデリック・クロウフォード)、ピカソ(リチャード・ベイスハート)、ロベルト(フランコ・ファブリッツィ)はペテン師の三人組。無智で信仰心の強い百姓達をあざむき、僧侶にばけて金銭をまきあげるのをこととしていた。オーギュストが司祭、ピカソが副司祭、ロベルトが運転手となって、あらかじめ埋めた偽の財宝を掘り出しこれと引替えに百姓から多額な喜捨を受けるという手口である。次に彼等はバラック小屋の貧民を役人であるとだまし、新しいアパートの申込金として少なからぬ金を手に入れた。だがピカソは妻イリス(ジュリエッタ・マシーナ)に対して良き夫であり、彼女は夫がペテン師だとは知らない。たまたま昔の仲間で今は成功した男の新年パーティによばれ、妻をともなって行ったところ、ロベルトが客の持物を奪おうとしたところから、夫の生活に疑いをもち、ピカソも真面目な生き方を考えるようになった。一方オーギュストは長い間別れていた娘に会い、ふと父性愛にめざめて映画にさそったところ、かつて彼にだまされた男に発見されて、六カ月の刑に処せられた。六カ月後、監獄を出たオーギュストは、ピカソもロベルトも去っていることを知り、他の仲間と再び僧侶に化ける仕事をはじめた。一軒の百姓家を訪ねるとそこに自分の娘と同じ年頃の半身不随の娘がおり、彼を本当の司祭と信じて祝福を願った。ペテン師の胸にもふと後悔の念が浮んだが、その帰路、彼はもうけた金を一人占めしようとし、仲間から崖の下につき落された。ようやく這い上った彼は、空しく助けを呼びながら息たえた。

作品データ

原題
Il Bidone
製作年
1957年
製作国
イタリア フランス
配給
泰西映画=新外映
上映時間
108分

[c]キネマ旬報社

動画配信

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?