黒いチューリップ:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
黒いチューリップ
黒いチューリップ
-

黒いチューリップ

1964年4月18日公開、アクション
  • 上映館を探す
  • みたい
    1
  • みた
    -
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

デューマの原作をアンリ・ジャンソン、ポール・アンドレオータ、クリスチャン・ジャックが脚色、クリスチャン・ジャックが演出したアクションドラマ。撮影は「シベールの日曜日」のアンリ・ドカエ、音楽はジェラール・カルヴィが担当した。出演は「地下室のメロディー」のアラン・ドロン、「エヴァの匂い」のヴィルナ・リージ、ほかエイキム・タミロフ、フランシス・ブランシュ、ロベール・マニュエル、アドルフォ・マルシラック、ジョルジュ・リガーなど。イーストマンカラー・70ミリ。

配信で観る

ストーリー

時は1789年6月、フランス革命前夜。スペインの国境に近いフランスの村で、「黒いチューリップ」と名乗る怪盗が、あくどい貴族たちを襲っては金品を巻き上げていた。その男の正体は伯爵のギヨーム・ド・サン=プルー(アラン・ドロン)。憲兵隊長のラ・ムーシュ(アドルフォ・マルシラック)は「黒いチューリップ」の正体がギヨームだと確信していたが、周りの貴族は誰も信じていない。ギヨームは不遜な笑みを浮かべては、貴族たちを手玉にとっていたのだ。そのなかの一人、ヴィゴーニュ侯爵(エイキム・タミロフ)の夫人カトリーヌ(ドーン・アダムス)とは愛人関係を結び、さまざまな情報を入手していた。そんなギヨームだったが、ある日、ラ・ムーシュの罠にはまり、左頬に大きな剣の傷を負ってしまう。その傷から正体がばれるのを危ぶみ、ギヨームは弟のジュリアン(アラン・ドロン)を呼び寄せる。ギヨームとジュリアンは双子の兄弟で、外見は瓜二つだったが、性格は正反対。内気なジュリアンは勇猛な兄を慕っていた。ジュリアンは特権意識の塊だと思っていた兄が、実は庶民の味方の「黒いチューリップ」だったと知り、喜んで身代わりを引き受ける。まずはヴィゴーニュ侯爵家でおこなわれるパーティに出席し、黒いチューリップの疑惑を晴らすとともに、王族ダルトワ公の陰謀を探る使命がある。慣れない正装で馬に乗り、ギヨームのふりをするジュリアンだったが、結婚式の列に美しい花嫁を見留め、落馬して膝に怪我をしてしまう。花嫁のカロことカトリーヌ(ヴィルナ・リージ)は、式を二の次にジュリアンを自宅へと連れて行き、怪我の処置を行う。カロリーヌの父プランタン(フランシス・ブランシュ)は革命派市民で、しかも挙式前の娘が貴族にまんざらでもない様子を見て、気が気ではない。その後、手当を受けて侯爵家へと急いだジュリアンは大広間に颯爽と登場。ラ・ムーシュは“ギヨーム”の左頬に傷がないことに驚くのだった。そのパーティの場で、侯爵はダルトワ公からの手紙を読み上げる。そこには、国民議会を解散し、人民の権利をはく奪する計画が綴られていた。そして、革命鎮圧のためグラジアック殿下(ロベール・マニュエル)が指揮する連隊がこの村を通ることが明かされた。ギヨームとジュリアン、憲兵隊長と貴族たち、プランタンと娘のカロら革命派市民、それぞれの運命が動き出す。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
La Tulipe Noire
製作年
1963年
製作国
フランス イタリア スペイン
配給
ヘラルド
初公開日
1964年4月18日
製作会社
メディテラネ・シネマ=ミザール・フィルム=アガータ・フィルム
ジャンル
アクション


[c]キネマ旬報社