幽霊屋敷の蛇淫:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
幽霊屋敷の蛇淫
幽霊屋敷の蛇淫
-

幽霊屋敷の蛇淫

1965年6月1日公開、ホラー
  • 上映館を探す
  • みたい
    -
  • みた
    -
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

エドガー・アラン・ポーの原作を、「顔のない殺人鬼」のアンソニー・ドーソンが脚色・監督した怪奇映画。撮影はリチャード・クラマー、音楽は「世界残酷物語」のリズ・オルトラーニが担当した。出演はジョルジュ・リヴィエール、バーバラ・スティールほか。製作はジョン・M・ハーヴェン。

ストーリー

新聞記者フォースター(ジョルジュ・リヴィエール)は、友人の伯爵に教えられ、ある夜幽霊が出るという噂のある館を訪ねた。この館を訪ねた者は生きて再び帰れないといわれている。彼を出迎えてくれたのは伯爵の妹エリザベスだ。彼女は数年前に亡くなっていたから、彼女の亡霊が彼を出迎えたわけである。彼はエリザベスの美貌にすっかり魅了され、幽霊のことなど忘れて彼女を愛するようになった。エリザベスは、自分が亡霊であることを彼に話したが、彼はなんとかエリザベスを救い出したいと思った。死者が生きかえるには、生きている者の血を吸いとることだと信じられていたのでフォースターは亡霊たちに追いかけられた。だが彼はエリザベスと一緒に逃げようと必死だった。しかし翌朝、フォースターの死体が幽霊屋敷の門前で発見された。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
Dansa Macabra
製作年
1964年
製作国
イタリア
配給
大蔵映画
初公開日
1965年6月1日
製作会社
ジョン・M・ハウラミン・プロ
ジャンル
ホラー


[c]キネマ旬報社