吸血ゾンビ:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
吸血ゾンビ
吸血ゾンビ
-

吸血ゾンビ

1966年6月30日公開、ホラー
  • 上映館を探す
  • みたい
    -
  • みた
    -
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ジョン・エルダーの脚本を、「オドンゴ」のジョン・ギリングが監督した恐怖映画。撮影はアーサー・グラント、音楽はジェームズ・バーナードが担当した。出演は「戦場にかける橋」のアンドレ・モレル、ダイアン・クレア、ジョン・カーソンほか。製作はアンソニー・ネルソン・キース。

ストーリー

イギリスの片田舎に不思議な疫病が流行し、死者が続出した。医師ピーターは、旧師フォーブス教授(A・モレル)に助力を求めると、教授は早速、娘シルビアをつれて村へやってきた。教授は死者を解剖すべく墓をほると、意外にも、どの棺もからであった。数日後、教授は村から程遠からぬ地主クライブ(J・カーソン)の所有地内で、人間の死体が歩いていたことと、クライブが長年、南米のハイチ島に住んでいたことを知った。そして教授は、ハイチ島の原住民の間に伝わる、ブーズー教の書物を読みはじめた。ある日、クライブはシルビアをたずねてきて、故意に彼女の手首に傷をつけ、血をとって帰った。その夜遅く、シルビアは何者かに誘われたかのように家を出た。突如あらわれたクライブが彼女を捕え、ゾンビ(ブーズー教のまじないで甦った人間の死体)にするために廃坑へ連れ去った。ピーターと教授は、すべてはクライブのなせるわざであると確信し、彼のもとへ急行し、あわやゾンビに殺されそうになったシルビアを救い出した。その時廃坑は大爆発を起こし、クライブと多数のゾンビは滅亡した。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
The Plague of the Zombies
製作年
1965年
製作国
イギリス
配給
20世紀フォックス
初公開日
1966年6月30日
製作会社
セブン・アーツ=ハマー・プロ
ジャンル
ホラー


[c]キネマ旬報社