羅馬の奪略:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
羅馬の奪略
羅馬の奪略

羅馬の奪略

1918年公開、戦争/歴史
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

イタリア映画得意の歴史戦争物。無声。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ローマ朝クレメント七世の時、淫風世に漲るを慨しブールボン将軍がバチカン宮殿を攻撃した時から、戦禍の惨状又民を苦しむるを悟りて戦士コロンナが遂に帝王軍に帰服する迄の経路に、美女ツリャ、若者オッタビオ、貴族の姫フラミヤ、武将モロッソ等の間の男女関係のいきさつを組入れてある。

作品データ

原題
The Sack of Roma
製作年
1918年
製作国
イタリア
製作会社
グアッショニ
ジャンル
戦争歴史

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?