死の曲:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
死の曲
死の曲
-

死の曲

1919年公開
  • 上映館を探す
  • みたい
    -
  • みた
    -
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

一寸の事から善人が、どうしても逃れる事の出来ない悲しき運命に陥って行く経路を描いた悲劇。主役はヘンニ・ポルテン。無声、染色。

ストーリー

聖画家アマドゥースはバルデスグリーンの郡長の娘モニカと恋仲となる。彼は母の急病の為帰ろうとする夜、兼ねてモニカに懸想する悪党ジョンと争って之を殺す。モニカは恋人を救う為には如何なる事をも辞さなかったのであるが遂に恋人は刑場の露と消え、同時にモニカは白髪となる。後半モニカの計らいによりアマドゥースの寺は建った。同時に永遠の眠りは彼女を襲う。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
Monica Vogeisang
製作年
1919年
製作国
ドイツ
初公開日
1919年
製作会社
メステル


[c]キネマ旬報社