巌窟王(1918):映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
巌窟王(1918)
巌窟王(1918)

巌窟王(1918)

1918年公開
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

歴史小説の作家として有名なるフランス文豪大アレクサンドル・デュマ氏の同名の作物よりプークタール氏が脚色並びに監督したのである。原著は既に黒岩涙香氏の著した『巖窟王』や谷崎精二、三上於莵吉両氏の訳した『モントクリスト伯爵』によって周知の事であると思う。それ故、此処には単に八つの篇の名を掲ぐるに止めて置く。「エドモン・ダンテエ」「モンテクリストの宝」「慈善家」「船乗サンバッド」「巴里の征服」「三つの復讐」「カドルース最後の手柄」及び「懲罰」。俳優の役割はよくわからないがダングラル男爵に扮するのはサラ・ベルナール座のコラース氏である。(無声、全十二篇)

作品データ

原題
Le Comte de Monte-Crist
製作年
1918年
製作国
フランス
配給
国活
製作会社
パテ=ダール

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?