踊る大紐育:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
踊る大紐育
踊る大紐育
-

踊る大紐育

1951年8月24日公開、97分、ミュージカル
  • 上映館を探す
  • みたい
    0
  • みた
    1
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「踊る海賊(1948)」のアーサー・フリードが製作しジーン・ケリーが主演と共同監督を受け持つ1949年度色彩ミュージカル。アドルフ・グリーンとベティ・カムデンの原作音楽劇から原作者が脚色しケリーとともに振付家スタンリー・ドーネンが監督している。撮影は「大編隊」のハロルド・ロッソン、音楽は舞台におけるレナード・バーンスタインのバレエ音楽からレニー・ヘイトンが監督している。主演はジーン・ケリーのほか、「奇蹟の鐘」のフランク・シナトラ、「イースター・パレード」のアン・ミラー、ベティ・ギャレット、ヴェラ・エレン、ジュールス・マンシュインらの舞台人が活躍する。

配信で観る

ストーリー

24時間の休暇をもらった3人の水兵ゲイビー(ジーン・ケリー)チップ(フランク・シナトラ)オジー(ジュールス・マンシュイン)は紐育見物としゃれたが、ゲイビーはポスターの女アイヴィ(ヴエラ=エレン)に惚れ込み、ポスターの示す通り博物館に出かけた。館の教授クレア(アン・ミラー)はオジーに大変な思し召し、チップはタクシーの女性ドライバー、ヒルディー(ベティ・ギャレット)から熱を上げられた。やっとシンフォニー・ホールでアイヴィをみつけたゲイビーが、嬉しがったのも束の間、たちまち女は消えてしまった。が、彼女は踊子の身を恥じてコニーアイランドの舞台に逃げていたのだ。見世物小屋ではヒルディーを自動車泥棒と思いこんで追って来た警官隊が6人と衝突、大騒ぎになるが、クレアの機智と警官の粋を利かした計らいで、すべてはうまくおさまった。翌朝、帰営する3人の水兵に、女3人は熱い接吻を贈って別れを惜しんだ。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
ON THE TOWN
製作年
1949年
製作国
アメリカ
配給
セントラル
初公開日
1951年8月24日
上映時間
97分
製作会社
M・G・M映画
ジャンル
ミュージカル


[c]キネマ旬報社