愛欲の岐路(1923):映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
愛欲の岐路(1923)
愛欲の岐路(1923)
-

愛欲の岐路(1923)

1923年公開
  • 上映館を探す
  • みたい
    -
  • みた
    -
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

チャールス・ファースマン氏の原作をジャック・ストラムワッサー氏が脚色し、ファックスに長くいたハワード・M・ミッチェル氏が監督したもの。主役は「金色の嵐」「十誡(1923)」「或る愚者有りき」等出演のエステル・テイラー嬢、「危機切迫」等出演のヴァーノン・スティール氏、「久遠の微笑」等出演のウィンダム・スタンディング氏「アダムス・リブ」等出演のポーリン・ギャロン嬢、「恋は哀し」等出演のレイモンド・マッキー氏その他仲々良い顔触れである。

ストーリー

キャメロン夫人は夫に顧みられぬのでゴルフの教師ロニー・シアースと親しくしていた。ブレークという男はこれを種に夫人を恐喝したが、ブレークとシアースは争って、シアースはブレークに殺される。その罪は夫人の夫なるキャメロンにかけられた。夫人はブレークに2万5千ドルを与えて自白書を認めさせようとしたが、ブレークは窓から墜ちて惨死する。彼のポケットから自白書が出たのでキャメロンは無罪となり、一家は幸福に帰った。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
Forgive and Forget
製作年
1923年
製作国
アメリカ
配給
イリス映画部
初公開日
1923年
製作会社
シー・ビー・シー映画


[c]キネマ旬報社