折れた矢(1950)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

折れた矢(1950)

1951年9月21日公開,0分
  • 上映館を探す

フォックスの新鋭プロデューサー、ジュリアン・ブラウステインの1950年度製作作品。エリオット・アーノルドの原作小説「ブラッド・ブラザア」から「四人の息子(1941)」のマイケル・ブランクフォートが脚色、「潜行者」のデルマー・デイヴスが監督した。撮影は「嵐の園」のアーネスト・パーマー、音楽は「気まぐれ天使」のヒューゴー・フリードホーファーの担当。主人公には「不時着結婚」のジェームズ・スチュアートが扮し、以下49年にラジオから映画入りしたジェフ・チャンドラー、「他人の家」のデブラ・パジェット、バシル・ルイスダール、ウィル・ギアらが助演する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1870年、アリゾナ地方は、白人とインディアン・アパッチ族との間に流血の惨事が絶えなかった。この地方に金を探しに来たトム・ジェファド(ジェームズ・スチュアート)は傷ついたアパッチ少年を助けたことからアパッチ族もまた公正を重んずることを知り、暴力をもってしては2者の確執がとけぬことを信ずるに至った。彼はアパッチ族を統率する大酋長のコチーズ(ジェフ・チャンドラー)を訪ね、和睦を申し込んだ。白人に対する不安は解くすべもなかったが、酋長はトムの誠意だけは信じ、以後トムはしばしばインディアンの集落をおとずれるうちに、アパッチ少女ソンシアレイ(デブラ・パジェット)と恋におちた。一方、グラント大統領からアリゾナに派遣されたハワアド将軍は、アパッチとの和平に心を砕き、トムに動かされてコチーズと会見、合衆国とアパッチの間に3ケ月の休戦条約が成立した。トムはソンシアレイと結婚し、休戦は永続するかにみえたが、コチーズの軟弱に反旗をひるがえしたインディアン、ジェロニモが白人を襲い、平和が破れかけるようなことも起こった。たまたまコチーズを亡きものにしようとしていた悪白人の一団は、謀略をもってコチーズやトムをおびき出し、待ち伏せの上皆殺しにかかった。このためトムは愛妻ソンシアレイを失い、平和への希望もなくすほど激怒したが、しかしそれを押し止めて、平和実現のためには苦しみを忍ばねばならぬとさとしたのはコチーズであった。

作品データ

原題
Broken Arrow
製作年
1950年
製作国
アメリカ
配給
セントラル
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

5.0
  • キネマ白道

    5
    2013/5/28

    おそらくこの映画が初めて

    結婚するという設定だったと思いますね。

    デブラパジェットのネイティブは

    確かに魅力的ですよね。

    ジェームススチュワートは

    殺された妻の復讐を誓うが

    友好のためにただ耐え忍ぶのだった。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告