艦隊歓迎:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
艦隊歓迎
艦隊歓迎
-

艦隊歓迎

1932年公開
  • 上映館を探す
  • みたい
    -
  • みた
    -
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ジェシー・マシューズの初期の映画。監督者クールヴィルはレヴュウ畑出の人で一九三〇年に映画界に入った。

ストーリー

イギリスの有名な経済学者パーシイ卿は節約を主義としていたが、或る日入港した軍艦を娘セシリアと共に訪れた。ちょうどその日は乗組員の慰安会がある筈になっていたので、セシリアはフォスビイ少佐と共に出演する事になり踊りと歌の稽古中を父親に見つけられ上陸させられる事になったが、巧みに変装して少佐と共に出演した所から更に父親の怒りを買った所へ、海軍卿が軍艦を訪れ、少佐はその令息と判り、全ては円満に解決した。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
The Midshipmaid
製作年
1932年
製作国
イギリス
配給
三和商事
初公開日
1932年
製作会社
ゲインズボロウ


[c]キネマ旬報社