欲望の法則|MOVIE WALKER PRESS
MENU
欲望の法則
欲望の法則

欲望の法則

1990年5月12日公開,105分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

3人の男たちの、愛の苦悩と殺人を描くドラマ。製作はエステル・ガルシア、監督・脚本は「バチ当たり修道院の最期」のペドロ・アルモドバル、撮影はアンヘル・ルイス・フェルナンデスが担当。出演はエウセビオ・ポンセーラ、カルメン・マウラほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

新進気鋭の映画監督パブロ(エウセビオ・ポンセーラ)には、性転換して女になった兄のティナ(カルメン・マウラ)がいた。男嫌いの彼女は、友人の娘アダ(マヌエラ・ベラスコ)を引き取って、実の子のように可愛がって暮らしていた。一方ゲイのパブロには、ファン(ミゲル・モリーナ)という恋人がいたが最近倦怠ぎみで、休暇で帰郷したファンからの手紙も物足りなく、自分の受取りたいものを彼に送り、それを送り返してもらうのだった。そんなパブロの前にアントニオ(アントニオ・バンデラス)という青年が現われ、パブロは衝動的に彼と関係をもつが、所有欲の強いアントニオは、ファンからの手紙を見てファンのもとを訪ね、嫉妬から彼を殺してしまう。悲しみにうちひしがれたパブロは運転を誤まり、頭を強く打って記憶を失ってしまう。混乱する警察の捜査の中で、アントニオが犯人とは知らないティナが彼と同棲を始める。記憶を取り戻したパブロは、ティナのアパートに立てこもるアントニオのもとを訪ね、追いつめられたアントニオは彼と愛を交した後、自ら命を絶つのだった。

作品データ

原題
La ley del deseo
製作年
1987年
製作国
スペイン
配給
PCJ=TYO
上映時間
105分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?