バロッコ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

バロッコ

1990年11月3日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

最愛の恋人と瓜二つでありながら、同時にその恋人を殺した犯人でもある男と不条理な愛に落ちてゆく女の姿をフィルム・ノワールタッチの中に描くミステリー。製作はアラン・サルドとアンドレ・ジェノーヴェ、監督は「ランデヴー」のアンドレ・テシネ、脚本はテシネとマリリン・ゴールディンの共同、撮影は「ラ・ピラート」のブルーノ・ニュイッテン、音楽はフィリップ・サルドが担当。出演はイザベル・アジャーニ、ジェラール・ドパルデューほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

霧のアムステルダム。ボクサーのサムソン(ジェラール・ドパルデュー)は選挙戦を前にして候補者とのスキャンダラスな関係を暴露することによって大金を得た。国外逃亡を企てるサムソンと恋人のロール(イザベル・アジャーニ)。しかしロールの目前でサムンンは彼と瓜二つの謎の殺し屋によって消されてしまう。そして必死でロールが身を隠した娼婦のネリー(マリー・フランス・ピジェ)の所にもその男は迫ってくる。彼女の持つ大金を殺し屋、その殺し屋を追う組織の男たち、さらに新聞社の男ヴァルド(ジャン・クロード・ブリアリ)が追っていたのだった。ロールは謎の男を憎んでいたが、姿かたちがあまりにもそっくりなため、だんだん魅かれてゆく。そして男も彼女に恋するようになっていった。組織からもお金を取りあげた男は、ついにロールと逃げることを決意。出発の朝、船で2人は待ち合わせをした。1人で船に乗ろうとしたロールに、ヴァルドが近づき同じ船に乗ると言う。彼もまたロールに魅かれていたのだった。一方、お金を取られた組織の男たちが逃亡を聞きつけ、船で二人を見張っていた。男たちはそこに現れたロールとヴァルドを見つけ、ヴァルドを狙いの男と勘違いし殺してしまう。警察が駆けつけ大騒ぎの中、茫然と立ちつくすロールの前に男が現れ、二人は旅立つのだった。

作品データ

原題
Barroco
製作年
1976年
製作国
フランス
配給
俳優座シネマテン
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?