レプスキー危機一髪 ロシア皇帝の秘宝:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
レプスキー危機一髪 ロシア皇帝の秘宝
レプスキー危機一髪 ロシア皇帝の秘宝

レプスキー危機一髪 ロシア皇帝の秘宝

1990年10月19日公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

製作者セルジオ・ゴッビが、イギリスのハードボイルド作家ジェームズ・ハドリー・チェイスの作品4本を映画化する“チェイス・プロジェクト”のシリーズ第1弾。フレンチ・アクション・コメディーのタッチで、元刑事の保険調査員と怪盗の対決を描く。監督は「レモ/第一の挑戦」のガイ・ハミルトン。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

刑事を引退したレプスキー(マイケル・ブランドン)は、フランスを中心に活躍する国際保険会社の調査員である。折しもニースの博物館から、多額の保険金がかけられた、十六世紀のロシア美術を代表するマリア像が盗まれた。レプスキーが刑事時代に追っていた美術品専門の窃盗犯ブラッドレー(デイヴィッド・キャラダイン)の仕業である。ブラッドレーがスイス国境を越えようとしていることを察知したレプスキーは、愛車のプジョーを駆り立てマリア像を取り戻そうとする。

作品データ

原題
Try This One for Size Sauf vort respect
製作年
1989年
製作国
フランス
配給
ヒューマックス
上映時間
0分
製作会社
キャンディス・プロ

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?