レプスキー絶対絶命 その男凶暴につき:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
レプスキー絶対絶命 その男凶暴につき
レプスキー絶対絶命 その男凶暴につき

レプスキー絶対絶命 その男凶暴につき

1991年2月2日公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ハードボイルド作家ハドリー・チェイスの原作を元に、元刑事の保険調査員レプスキーの活躍を描くシリーズ第二弾。監督は、「狼どもの報酬」「チェイサー」のジョルジュ・ロートネル。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

南フランスのニースで、世界的な研究を完成させたばかりの天才科学者フォレスター教授(ロバート・ミッチャム)が、妻ティア(マリー・ラフォレ)の愛人を惨殺するという事件が起こった。教授はそのショックから心神喪失状態に陥り、入院先で逃亡した妻の名を呼び続けているのだが、研究の成果に目をつけた闇の組織がそんな教授を放っておくはずもない。そしてフランス政府もまた、秘密保持のために暗躍を始める。そんな中でレプスキー(マイケル・ブランドン)はひとり、組織と政府という巨大な敵を向こうに回して、教授救出の闘いに乗り出していく。

作品データ

原題
Believed Violent
製作年
1990年
製作国
フランス
配給
ヒューマックス
上映時間
0分
製作会社
キャンディス・プロ

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?