子どものころ戦争があった|MOVIE WALKER PRESS
MENU

子どものころ戦争があった

1981年2月14日公開,101分
  • 上映館を探す

第二次世界大戦中、アメリカ人を父に持っていることから周囲の人々に迫害され、土蔵に閉じ込められて暮す混血の少女とその家族を描く。日本児童文学者協会と日本子どもを守る会が編集した「語りつぐ戦争体験」の中の“泥血の少女の死”を中心に映画化したもの。脚本は「子育てごっこ」の鈴木尚之、監督は松竹労組大船分会委員長で、この作品がデビュー作となる斉藤貞郎、撮影は宇田川満がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

日本敗色の色濃くなりつつあった昭和二十年四月。多くの都市が焼かれ、子どもたちは集団疎開がはじめられていた。蓮池一枝も夫が召集されたので、一人息子の太郎を連れて、福島県磐城郡米川村の実家に帰るところだった。実家は古くからの醸造家だが、今は、軍の命令で味噌をつくっている。一枝の母、野本みよが、夫の死後、三十年、女手ひとつでこの酒蔵を守り続けている。小学校二年の太郎にとって、大きな門構え、味噌樽、土間など、見るものすべてが珍しい。そんな太郎にみよは、二番蔵にだけは近寄るなと言う。実家には、一枝の他、二枝、政枝の二人の娘がそれぞれ戦争のかげりをもって身を寄せている。ある夜、二枝が警察に呼ばれ、アメリカ人の夫と娘エミのことを追及された。憲兵は夫のアーノルドが対日放送で“降伏”を訴えていると言う。みよは自分の反対を押し切ってアメリカ人と結婚した二枝に怒り、世間の非難から守るために孫のエミを蔵に閉じ込めているのだ。太郎は二番蔵が気になってならなかった。ある晩、太郎は母を捜して浴室を開けると、二枝と金髪の少女がいた。「アメリカ人がいる!」と言う太郎に、一枝はあなたのイトコ、と教える。憲兵や警察が執拗に二枝にエミの存在をたしかめに来る。気丈なみよは、その都度つっぱねていた。エミの悲しい顔が忘れられない太郎は、二番蔵のそばの柿の木に登り、窓からエミと話した。その日から、二人の対話がはじまる。学校の出来事、空中戦の話、勉強のこと、エミは太郎によって外気にふれることが出来た。太郎のくるのが待遠しかった。ある日、グラマンの機銃掃射で数人の村人が死んだ。何人かの村人が、野本家に押し寄せ、この家にスパイがいると怒鳴りだした。ついに憲兵が村人とともに踏みこんできた。観念したみよは二番蔵を開いた。しかし、エミはいなかった。その頃、エミは太郎と素裸で川遊びをしていた。金髪が大陽に可愛く揺れている。青い瞳ははじめて解放された明るさに輝き、唇は外気を精いっぱい吸いこもうと大きく開かれていた。二人の笑声が、緑の樹樹にこだましている。しかし、それは、一時の喜びにすぎなかった。エミに死が近づいて来てた……。

作品データ

原題
There was a War when I was a Child
製作年
1981年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
101分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

5.0
  • rikoriko2255

    pompoo

    5.0
    2020/12/21

    子供の頃、金曜ロードショーかゴールデン洋画劇場で観て、未だに心に刺さっている。 今では考えられない、ハーフ女子の想像を絶する息苦しい世界が昔の日本には当たり前にあった。 戦争は絶対に人を不幸にする。 テレビでまた放送して欲しい名画だと思う。 多様化が進んだ現代でこそ多くの人の目に触れて欲しい。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告