怪船シー・ホーネット:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
怪船シー・ホーネット
怪船シー・ホーネット

怪船シー・ホーネット

1952年2月8日公開、0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「テキサス警備隊」のジェラルド・ドレイソン・アダムスが書き下ろしたシナリオを「西部の覆面男」のジョセフ・ケインが製作・監督した1951年度作品で、撮影は「リオ・グランデの砦」のバート・グレノン、音楽はR・デイル・バッツ。「北西騎馬警察隊」のロッド・キャメロン、「怒濤の果て」のアデール・メイラ、「西部の無法者」のエイドリアン・ブースが主演する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

はでなブロンド美人サンタン・ラドフォード(アデール・メイラ)が、海軍出の潜水夫ガンナー・マクニール(ロッド・キャメロン)と相棒ピートに極く内密の仕事として深海に座礁しているシー・ホーネット号爆破を依頼に来たとき、ガンナーは美人と深海潜水作業は両立せずとして断った。ピートはブロンドにひかれて引き受けたが、何者かに殺されてしまった。ガンナーは新しい仕事をはじめるうちに旧友トニーと近付き、彼がすでにシー・ホーネット号に積まれた巨万の金を盗り、サンタンも彼に荷担して仕事をしているのではないかと疑いを持ちはじめた。そしてガンナーはその頃クラブの歌手ジンジャー(エイドリアン・ブース)に惹かれていた。しかしサンタンの兄ジョニーの到着により、あの呪われた船の船長は実はサンタンたちの父であり、またサンタンはトニーの作り話でだまされていることを知った。スウェド(チル・ウィリス)の助けを得てガンナーは、ピートを殺したのがトニーであることを突き止めた。ガンナーはトニー一味がシー・ホーネット号に爆薬をしかけたことを知りつつ潜水し、殺された船長の遺骸を発見し、激闘の後、トニーと一味は捕らえられた。金も無事発見され、ガンナーは潜水作業料として5万ドルをもらった。彼はサンタンを腕の中に抱き、美人と深海潜水作業もたまには両立するものだと思った。

作品データ

原題
The Sea Hornet
製作年
1951年
製作国
アメリカ
配給
NCC
上映時間
0分
製作会社
リパブリック映画

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?