ガキ帝国|MOVIE WALKER PRESS
MENU
ガキ帝国
ガキ帝国

ガキ帝国

1981年7月4日公開,115分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

一九六七年、三年後に万国博を控えた大阪を舞台に、抗争を続ける不良グループに戦いを挑む三人の少年達を描く。脚本は西岡琢也、監督は井筒和生の名で「行く行くマイトガイ 性春の悶々」などピンク映画を演出してきた井筒和幸、撮影は牧逸郎がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

少年院から出てきたリュウは一緒に出院した高を連れ友達のケンとチャボのいる母校へ行った。二人の話によると、大阪一の繁華街・キタには北神同盟、ミナミにはホープ会などが勢力を広げ、ゴーゴーホールや喫茶店に自由に出入り出来ないという。数日後、リュウ、ケン、チャボの三人は、仲間がカツアゲされたことから、北神のガキ十人を襲った。その頃、高は北神に入会、上部組織の暴力団、神竜会の小野から、入会の儀式として凄惨なリンチを受けた。小野は根性のある高を気に入り、打たれ強いことから“明日のジョー”と名付けた。ジョーは小野の後ろだてにメキメキ頭角をあらわし、会長を倒しその座を奪った。縦横無尽に暴れ、ホープ会も傘下にした北神の噂に、リュウたち三人は自由に遊べる街にしなくてはと思う。ケンの友人がホープ会のガキに改造ガンで射殺された。三人はホープ会を徹底的に叩きのめし、ケンは会長に重傷を負わせたことで、高校を自ら退学した。会長を失ったホープ会の残党はリュウとチャボに新グループの会長になって欲しいとやって来る。最初は渋った二人も、申し出を受け、ピース会と改名してミナミに繰り出すようになった。ケンは、俺達は自由を愛し、集団化を嫌ったはずだと、二人から離れていく。その頃、北神同盟は梅田会と改名、大阪全域の不良グループを吸収、暴力団予備軍と化していた。そして、とうとうリュウ達と梅田会の戦いの日がやって来た。無数の相手に凄絶な戦いの中で、リュウがフォーク・リフトでジョーを殺害した。血迷ったガキがチャボを蹴り続けて絶命させてしまう。数年が過ぎた。夜の街を歩くケンは、今や、機動隊員となったかつての敵と出会う。したたかに殴りとばすと、追いすがる機動隊員たちをフリ切って飲み屋に飛び込んで叫んだ。“ビール一本!”

作品データ

製作年
1981年
製作国
日本
配給
ATG
上映時間
115分
製作会社
ATG=プレイガイドジャーナル

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?