モアセクシー 獣のようにもう一度:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
モアセクシー 獣のようにもう一度
モアセクシー 獣のようにもう一度

モアセクシー 獣のようにもう一度

1981年8月7日公開,81分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

麻薬取引に暗躍するヤクザ組織に挑む一人の女とGメンの活躍くを描く。脚本は「愛の白昼夢」の中野顕彰、監督は「百恵の唇 愛獣」の加藤彰、最影は「団鬼六 女秘書縄調教」の米田実がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

横浜を縄張りに美人局で商売するヨーコと次郎は、ひょんなことから、市会議員、桑原の車を盗み、さらにパンダの人形を手に入れた。その時以来、ヤクザ組織、信成会に狙われた二人は、やがて、人形の中に麻薬が入っていることをつきとめる。仲間のチビが信成会の北見を尾行、取引の日を調べてきた。そこへ、ジョーという男が仲間に入れてくれとやって来た。一方、次郎は組織の情婦にだまされ監禁されてしまい、ヨーコに連絡しようとして殺されてしまった。ジョーは、実は麻薬Gメンで、取引の現場に集まったヨーコたちを逃すと、パトカーを呼び組織を一網打尽にした。はしゃぎ回る仲間をよそにヨーコは一人、街を歩き出した。

作品データ

製作年
1981年
製作国
日本
配給
にっかつ
上映時間
81分
製作会社
にっかつ

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?