快速突破隊:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
快速突破隊
快速突破隊

快速突破隊

1936年公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「征空重爆撃」のジャック・ホルトが主演する映画で、ハロルド・シューメイト原作、ユージーン・ソロウ脚色、ウイリアワ・ナイ監督、ミルトン・クラスナー撮影によるもの。助演者は「黄金(1936)」のナン・グレイ、「処女散歩」等に端役を演じたジョン・キング、「海行かば(1935)」のエディ・エイカフ、ヒュー・バックラー、ワード・ボンド等。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

クラッシュ・ドノヴァンのオートバイ曲乗りはなかなかの人気であった。交通警備隊員のアラバムはジョニイと隊長の娘ドリスを伴ってドノヴァンを見物に行き、アラバムの紹介で知り合った。ある日与太者の一団が暴れたときドノヴァンは傷ついたジョニイの代わりに働いて一網打尽にした。その痛快さが忘れられずドノヴァンは警備隊に志願入隊した。1つにはドリスに思いを寄せていたからである。けれども、ドリスはジョニイと相思の仲であった。ドノヴァンの胸中を知る由もないドリスは、自分がジョニイを愛していることを告げ、ジョニイを庇護してくれとドノヴァンに頼むのだった。あるとき、ドノヴァンとジョニイは大密輸団の隠れ家を突き止めたが、敵が多勢すぎるのでドノヴァンが応援を頼みに電話をしに行った間に、ジョニイは大密輸団に人質に捕らわれてしまった。それではジョニイとともに犠牲になるので、ドノヴァンは超人的冒険をもってジョニイを救い、賊を一挙に捕縛した。しかし手柄をたてたドノヴァンはその後再びサーカスに戻り、オートバイ曲乗りを始めた。

作品データ

原題
Crash Donovan
製作年
1936年
製作国
アメリカ
配給
ユニヴァーサル支社輸入
上映時間
0分
製作会社
ユニヴァーサル映画

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?