大日本帝国|MOVIE WALKER PRESS
MENU

大日本帝国

1982年8月7日公開,180分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

第二次世界対戦を背景に、その時代を生きた政府、軍部、民間の人々の生きる姿を描く。脚本は「二百三高地」の笠原和男、監督も同作の舛田利雄、撮影も同作の飯村雅彦がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

昭和十六年、春。東京の陸軍士官学校では、小田島剛一が陸軍少尉の任命式を受けていた。京都の教会では、クリスチャンの学生、江上孝が恋人、京子の目前で、不穏思想の持ち主ということで刑事に連行されていった。東京、下町の理髪店では、小林幸吉の出征式と新井美代との結婚式をかねた祝宴が行なわれていた。その頃、泥沼化する日中戦争の中、近衛内閣は総辞職、東条英機が後をうけ、日本は十二月八日の真珠湾奇襲攻撃に突き進んでいく。幸吉は小田島の部隊に配属され、十七年に部隊はシンガポールを陥落する。しかし、幸吉は手傷を負って、本国送還されることになった。快進撃を続けた日本軍も、ミッドウェー海戦の敗戦を機に劣勢になっていった。その頃、江上は「権力にひきずりこまれるよりは」と止める京子を振りきって入隊を決意する。一方、傷の快復した幸吉も戦線に戻ることになり、その頃、サイパンにいた小田島の部隊に再び配属されることになった。十九年六月、米軍の無差別砲撃でサイパンは生き地獄と化し、日本人は玉砕する。しかし、小田島は愛する料亭の内儀、靖子や幸吉と生き残り、ジャングル中を彷徨する。そして、米軍の投降の呼びかけに答えようとしたとき、米軍が同胞の遺骨をもて遊んでいるの見て発砲し、逆に射殺される。その頃、フィリピンにいた江上は京子と瓜二つの娘、マリアと知り合い、恋に落ちていた。しかし、米軍はフィリピンにも迫り、仲間の大門は、ゲリラと一緒にマリアも殺してしまう。二十年三月、東京大空襲、四月、米軍沖縄上陸、そして、八月六日広島に、九日には長崎に原爆が投下される。遂に天皇の決断で日本は無条件降伏をすることになる。八月十五日、玉音放送は大日本帝国の終焉を告げた。かくて、極東軍事裁判が開かれ、東条英機は死刑を宣告される。さらに、大門とともに江上もフィリピン人を虐殺したとして銃殺される。戦後、戦地から続々と兵が引き揚げてきた。そして、美代は息子を連れて歩いていた疎開先の砂浜で、幸吉と再会するのだった。

キャスト

丹波哲郎

丹波哲郎

東条英機

仲谷昇

仲谷昇

近衛文麿

高橋昌也

高橋昌也

木戸幸一

織本順吉

織本順吉

豊田貞次郎

田村高廣

田村高廣

下村定

浜田寅彦

浜田寅彦

賀屋興宜

原田清人

原田清人

東郷茂徳

山本清

山本清

嶋田繁太郎

林孝一

林孝一

鈴木貞一

清水照夫

清水照夫

広橋

小山源喜

小山源喜

鈴木貫太郎

弘松三郎

弘松三郎

及川古志郎

三浦友和

三浦友和

小田島剛一

あおい輝彦

あおい輝彦

小林幸吉

西郷輝彦

西郷輝彦

大門勲

篠田三郎

篠田三郎

江上孝

梅宮辰夫

梅宮辰夫

ヒゲ兵曹

大和田伸也

大和田伸也

小森軍医

湯原昌幸

湯原昌幸

由良一等兵

佐藤允

佐藤允

桐山軍曹

川地民夫

川地民夫

古川曹長

小倉一郎

小倉一郎

本堂一等兵

石橋雅史

石橋雅史

高級参謀

近藤宏

近藤宏

阿南惟幾

沢竜二

沢竜二

金山上等兵

原田力

原田力

松尾連隊長

大西徹哉

大西徹哉

片山

堀光昭

堀光昭

中尾

高月忠

高月忠

野田一等兵

北村大造

北村大造

連隊長

湯川友晴

湯川友晴

西谷二飛曹

三重街恒二

三重街恒二

下士官

亀山達也

亀山達也

鹿岡

宮地譲吾

宮地譲吾

副官・小田

城春樹

城春樹

副官・茂木

高野陸志

高野陸志

井桁敬治

大泉公孝

大泉公孝

副官・荒井

泉福之助

泉福之助

日本兵捕虜

尾形伸之介

尾形伸之介

高級将校

南道郎

南道郎

加来止男

秋山敏

秋山敏

トーチカの下士官

近藤洋介

近藤洋介

山口多聞

南廣

南廣

赤松大佐

山口明

山口明

南雲忠一

高木禮二

高木禮二

豊田副式

數佐三郎

數佐三郎

斉藤義次

本庄正則

本庄正則

梅津美治郎

二代目市村萬次郎

二代目市村萬次郎

天皇

高橋惠子

高橋惠子

新井美代

夏目雅子

夏目雅子

柏木京子

佳那晃子

佳那晃子

国吉靖子

青木義朗

青木義朗

警官

愛川欽也

愛川欽也

小川金作

高沢順子

高沢順子

玉江

稲野和子

稲野和子

東条勝子

石井トミコ

石井トミコ

小川ヨシ

三鈴栄子

三鈴栄子

小田島タケ

有明祥子

有明祥子

朝代

明石多佳子

明石多佳子

照美

晴乃ピーチク

晴乃ピーチク

下町の旦那A

須賀良

須賀良

下町の旦那B

小山昌幸

小山昌幸

下町の旦那C

山浦栄

山浦栄

下町の旦那D

汐路章

汐路章

刑事A

倉地雄平

倉地雄平

刑事B

山田光一

山田光一

ガレ場の中年男

垂水悟郎

垂水悟郎

柏木俊介

桑山正一

桑山正一

近隣の男

河原崎次郎

河原崎次郎

北川勝馬

若山富三郎

若山富三郎

石原莞爾

作品データ

製作年
1982年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
180分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    ちゅに

    3.6
    2ヶ月前

    対米開戦に消極的だった近衛内閣の退陣に伴い東條内閣が誕生。周囲の反対を押し切って対米開戦に踏み切るも、圧倒的な戦力の差により敗戦を迎える迄の過程を描く。今は亡き丹波哲郎や夏目雅子らの熱演が光る。日本軍がアジアの解放を掲げて進出するも、軍の保身で現地人を殺害。邦人保護すら行わない日本軍の非道さと残忍さがよく描かれている。軍の蛮行に直面し、上官の命令に抵抗できずに揺れ動く心ある兵士の心情がむなしい。指導者の政治的思惑と判断ミスが国家破綻へと結びつく怖さ。コロナ下で指導者の政治的思惑と判断ミスで感染者が急増し、入院出来ずに在宅で放置される感染者は、かつての日本軍が邦人保護も行わず切り捨てられた人々と重なって見える。終戦記念日を前に改めて真の指導者を選ぶ事の重要性を考えたい。

    違反報告