南極物語(1983)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

南極物語(1983)

1983年7月23日公開,145分

南極観測隊が悪天候に阻まれ、やむなく南極の地に置き去りにしてきた十五匹のカラフト犬の生への闘いと、観測隊員たちの姿を描く。脚本は「人生劇場(1983)」の野上龍雄、「色ざんげ(1983)」の佐治乾、「暗室」の石堂淑朗、「キタキツネ物語 THE FOX IN THE QUEST OF THE NORTHERN SUN」の蔵原惟繕の共同執筆。監督は「青春の門 自立篇(1982)」の蔵原惟繕、撮影は「キタキツネ物語 THE FOX IN THE QUEST OF THE NORTHERN SUN」の椎塚彰がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

昭和三十三年二月、南極の昭和基地から第一次越冬隊員が第二次隊員と交替すべく観測船“宗谷”へと“昭和号”で空輸された。だが、例年にない悪天候のため第二次隊員は昭和基地へは飛ばず、第二次越冬は中止と決定した。犬係の潮田と越智は、基地に残された十五匹の犬を救うべく“昭和号”を飛ばしてくれるよう小沢隊長に食いさがったが、満身創庚の“宗谷”には、これ以上南極の海にとどまる力はなかった。初夏、潮田は北海道大学講師の職を辞し、樺太犬を供出してくれた人々を訪ね歩く謝罪の旅に出た。なかには「どうして連れて帰って来なかったの!」と激しく怒りをぶつけてくる少女・麻子もいた。潮田の謝罪の旅を知った越智は稚内に向かう。稚内では学術探険に貢献したとして十五匹の犬の銅像が建てられ、その除幕式が行なわれていた。集った人々の中に潮田の姿を見つけ、外国人記者がぶしつけな質問を浴びせた。「この手で殺してやればよかった」と悲痛な表情で語る潮田を見守る越智。その頃、南極では犬たちの生きるためのすさまじい戦いが展開されていた。戦いは首輪を抜け出すことからはじまり悪戦苦闘の末に自由を得たのは十五頭のうち八頭だった。基地に食物のないことを知った犬たちは、餌を求めてさすらいの旅に出る。集団でアザラシを襲い、凍りついた氷塊の中に見える小魚を掘り出して喰べる犬たち。そのうち、獲物を探しながら足をすべらせ氷海に呑まれてしまう犬、狂ったように走り氷原に姿を消して帰らないもの、仲間の数は次第に減っていく。先導犬のシロも潮田、越智と共に犬ぞり探険行で見つけた思い出の鯨の死骸の中に入り込んだまま、息たえた。またリーダー格のリキもシャチに襲われ悲運の死を遂げる。一方、第三次越冬隊が組織されることをニュースで知った潮田と越智は進んでその隊員に加えて貰うよう頼み込んだ。宗谷からヘリで昭和基地に着いた二人は、鎖につながれたまま死んでいる犬たちを見つけ慟哭する。涙にくもった潮田と越智の眼が、不意に丘の上の二頭の犬をとらえた。二頭はタロとジロだった。二人は大声をあげて駆けだした。

作品データ

原題
The Antarctica
製作年
1983年
製作国
日本
配給
ヘラルド=東宝
上映時間
145分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.6
  • u99

    2014/2/20

    「ガイドライン違反報告」に報告したが何ら措置がとられないのでこちらに投稿する。
    「晴耕雨読」氏の次の一文、「人間の都合などものともしない樺太犬たちの強靭な精神と生命力と純粋無垢で高貴な姿に生命賛歌を感じます」はamazonに投稿されているレビューと単語の重複が多く過ぎ、盗作と判断せざるを得ない。
     たかが一文というなかれ。これこそ著作権違反である。報告したにもかかわらず、なんら措置をとらない(何らの報告もない)カドカワの見識を疑う。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 晴耕雨読

    4
    2010/2/20

     人間は犬を裏切るが、犬は人間を裏切らない。人間の都合などものともしない樺太犬たちの強靭な精神と生命力と純粋無垢で高貴な姿に生命賛歌を感じます。南極を舞台にした映画には「南極料理人」と「復活の日」と言う日本映画がありますが、「南極物語」は南極と北極で本格的ロケをした実写だけあって神々しい程のオーロラや雄大な南極大陸の姿に圧倒されました。この映画の主人公は樺太犬たちです。人間たちの都合により南極に置き去りにされながらも、首輪から抜けたり、鎖を切断して、酷寒の地で必死に生き抜き、又は死んでいった犬たちです。21世紀の現代のようなCGやハイテク特撮が無い80年代ならではの努力で、南極という雪と氷の世界の究極的な白色のコントラストを見事に表現した撮影は近年に公開された「剱岳 点の記」同様に本物を感じます。

     この映画の人間の主人公たちは第一次南極越冬隊であり、敗戦国日本としては戦勝国の欧米列強に対して背伸びした大いなる挑戦であり、苦闘の歴史であったことが画面を通して分かります。観測船“宗谷”は度々流氷によって閉じ込められ、アメリカやソ連の砕氷船に何度も助けられた経験がある小さなボロ船なので、犬を救えぬまま氷海を離脱しなければならなかった決断も、当時の背伸び一杯の日本にとっては悲しい限界でした。子供と動物を主人公にしたドラマは最強だと謂われていますが、この映画でも、人間の主人公である高倉健や渡瀬恒彦以上に印象に残るのは、南極で一冬を生きようとする樺太犬たちです。「南極物語」はお粗末な装備で南極越冬観測と言う国家事業を推進した日本国政府と海上保安庁と言う官僚機構の人間の失策を払拭してくれた生き残った犬を英雄に祭り上げ、タローとジローの事実を必要以上に美化した当時のニュース映画の再現ではなく、樺太犬が持つ能力、生命力、社会性、忠誠心などを非常によく表現した作品です。

    「刑事コロンボ」の声優・小池朝雄の落ち着いたナレーションや犬の表情、動きから、犬たちの気持ちが画面からよく伝わってきますし、なによりもその犬たちが非常に魅力的です。俳優陣も豪華ですが、北海道大学や京都大学の理科系研究科の講師たちのセリフの言い回しは、東映ヤクザ映画の俳優の域を脱していません。高倉健扮する北海道大学講師が「自分は…」と話すシーンがありますが、体育会や軍隊で無ければ「自分は…」と言う一人称は絶対に違和感があります。渡瀬恒彦が演じる京都大学講師も絶対にミスキャストで理科系と言うよりも粗暴な体育会系でしかありません。

     日本国内の四季がこの映画の南極の場面の単調さから救っていますが、温暖な温帯モンスーン気候の日本とは違い、南極のブリザードの中で生き残り、漸くおとずれた春の南極海氷上をタローとジローの二匹が走る超俯瞰撮影のシーンは命の輝きで眩しいほどの感動を呼びます。勿論、この場面にもヴァンゲリスによる音楽が一役買っていることも事実ですが、クライマックス以上に真っ白な大氷原を疾駆する犬たちの戦いや、絶体絶命の恐怖でもヴァンゲリスの音楽が厳かに盛り上げています。樺太犬たちを南極に置き去りにする決定が下されたとき、高倉健扮する潮田隊長が青酸カリを取り出し薬殺することを主張しますが、そもそも樺太犬たちの首輪をしっかりとしめて鎖に繋ぐのは、自分たちの管理を第二次越冬隊に叱責されないためでしかなく、“もしも”の想定を少しでも感じていた筈であり、自分たちの官僚的な判断を反省することもなく「殺してきます」は全く理解出来ませんでした。生殺与奪の権利が人間にあると言わんばかりのセリフに、昭和30年代の出来事と言うアナクロニズムを感じます。また半ば野生化した樺太犬のタローとジローが二人の人間を発見したときに見せる野生から、従順な犬に戻って彼らのもとに全力疾走してくるシーンが見事だっただけに、人間側の主人公二人が犬を抱きしめるシーンにも愛情が感じられないのが不満です。久しぶりに会った犬ならば抱き上げるはずですが、氷上に押さえつけるシーンにはNGを出したくなりました。以上“体育会”出身の“愛猫家”のレビューです。

    【NHK衛星第二放送】鑑賞

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ブルー・ドラゴン

    5
    2007/7/30

     今から半世紀前に、南極観測隊といえば聞こえは良いが、まさに探検隊といってもよいほどの状況の中、満身創痍の「宗谷」を守るために犬の生命を犠牲にせざるを得なかった隊員たちの苦渋の選択。
     隊長は隊長としての立場があり、犬係りは己の思いがある、そこいらの葛藤が見事に描かれているのだが、それゆえに観ているほうは余計に切なさを感じさせられるのである。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告