竜二|MOVIE WALKER PRESS
MENU

竜二

1983年10月29日公開,92分
  • 上映館を探す

青春時代が過ぎ、金と出世欲だけで動くのにうとましくなって堅気になったやくざの姿を描く。脚本の鈴木明夫は本作品で主演している金子正次のペンネームである(彼は『竜二』公開直後、ガン性腹まく炎のため死亡)。監督はこれが第二回作品の川島透、撮影は川越道彦が担当。主題歌は、萩原健一(「ララバイ」)。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

花城竜二は新宿にシマを持つ三東会の常任幹事だった。新宿近辺のマンションに秘密のルーレット場を開き、舎弟の直とひろしに仕切らせ、そのあがりで優雅にやくざ社会の中を泳ぎわたっている。その彼も、三年前は器量もなく、イキがったり暴力を誇示した結果、拘置所に入れられた。妻のまり子は竜二の保釈金を工面するため九州の両親に泣きつき、両親は竜二と別れるならという条件で大金を出してくれた。竜二の器量があがったのはそれからだ。安定した生活がつづいたが、充たされないものが体の中を吹きぬけて行く。竜二はかつての兄貴分で、今は夫婦で小料理屋をやっている関谷にその思いをぶっつける。「金にはもうあきた。子供や女房に会いたい」--。そんな竜二に関谷は「俺はそう考えた時、俺自身を捨て、女房・子供のために生きようと決めたんだ」と言う。そんなある日、竜二は、新宿のある店の権利金をめぐってこのトラブル収拾を組の幹部から頼まれた。このトラブルを見事に解決した後、竜二はカタギの世界へ踏み込んでいった。カタギとなった竜二を、まり子の家族は歓待してくれた。小さなアパートを借り、妻と娘とのごくありふれた生活が始まった。酒屋の店員としてトラックで走りまわる毎日。かつてとは較べものにならないほどの安月給。しかし、竜二にとって生まれて初めての充実した生活だった。三ヵ月経ったある日、かっての兄弟分・柴田が、竜二をアパートの前で待っていた。シャブ中で見る陰もなくやつれ果てている彼は、竜二に金を借してくれという。だが、今の竜二にはそんな余裕はなかった。数日後、柴田の訃報を聞いた竜二は香典を届けるが、柴田の情婦に「今ごろ持って来ても遅い」と突き返される。これを期に、竜二の心の中に、焦りと苛立ちが芽生えるようになった。仕事もサボるようになり、家計簿をつけて溜息をつくまり子を怒鳴ることもあった。ある日、かつての弟分、ひろしが訪ねて来た。すっかりヤクザの貫禄を身につけたひろしは、まさにかっての竜二自身だった。ついに竜二のカタギの世界との糸が切れた。ヤクザの世界へ戻っていく決心をした竜二は、娘と買物をしているまり子と商店街で顔を合わせた。見つめ合ったまま無言で立ちつくす二人。全てを理解したまり子は、涙を浮かべながら娘に「九州へ帰ろうね」と言うのだった。数日後、雑踏の中にヤクザの世界に戻った竜二の背中を丸めて歩く姿があった。

作品データ

製作年
1983年
製作国
日本
配給
東映セントラルフィルム
上映時間
92分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.2
  • モッピー

    4
    2020/5/17

    Vシネ、ネット環境も整備されていない昭和時代、関西地上波深夜枠再放送日本映画のド定番的な本作品

    「若い頃はヤンチャしたぜぇε- (´ー`*)フッ」とか何気にイキった奴の心当たり有りませんか?
    大丈夫ですよ!大半は行政機関のお世話になった経験も無く本作品の影響で竜二ってるだけの小心者ですから~♪
    男子にはどっぷりハマる危険な作品ですが・・・( *´艸`)

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • たっかん

    3
    2013/7/29

    2013年7月28日、鑑賞。(日本映画専門チャンネル放映)

    冒頭『「竜二」主演の金子正次  さる11月6日未明  亡くなりました。
      金子正次の「竜二」は永遠に不滅です。』
    の文字ではじまるこの映画、主演の金子正次の存在感あり。

    ヤクザやってる竜二が、妻子のために一旦はカタギになる。幸せな生活を続けてみるが、結局はヤクザに戻ってしまうラスト。印象的なラストではあるが、突然カタギ→ヤクザに戻る気持ちが判らないまま、映画は終わる。

    冒頭と最後に流れるショーケンの曲『ララバイ』も良い曲であるが、劇中に流れる山口百
    恵の『プレイバックPART2』も当時の雰囲気を良く出していた

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • ぐったり

    5
    2012/6/13

    人並みの幸せを手に入れたい。
    そうした願いを持つのはたとえヤクザであっても同じ。

    家族との幸せを得るために、腕っこきのヤクザである花城竜二は堅気になって生きていく決意をする。
    しかし、そうした理想と、貧乏暮らしの現実の狭間で、竜二は苦悩する。
    ラストシーンは男(特に家族を養い、守る立場の人)なら、一生のうち一回は見るべきです。

    自主制作とは思えないほどの素晴らしい作品です。
    また、テーマ曲であるショーケンのララバイの歌詞がこの映画にとても合っていて、作品の魅力を最大限に引き出しています。
    金子正次演じる竜二の迫力、哀愁、すべてが素晴らしいです。ぜひ一度はご覧になってください。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告