彩り河:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
彩り河
彩り河

彩り河

1984年4月14日公開,125分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

幼い頃の父親の死に復讐の炎を燃やす天涯孤独の男が復讐を遂げるまでを、銀座のクラブのママとの愛を絡めて描く。松本清張原作の同名小説の映画化で、脚本は、本作品で監督も手がけ「天城越え」で監督デビューした三村晴彦、「ざ・鬼太鼓座」の仲倉重郎、「天城越え」の加藤泰、「迷走地図」の野村芳太郎の共同執筆。撮影は「えきすとら」の花田三史がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

首都高速道路料金所職員の井川正治郎は、かつて東洋商産の取締役であったが、同期の高柳秀夫との派閥争いに敗れ退職した。井川は霞ケ関料金所で、東洋商産時代の愛人山口和子を見かける。和子は、いまは銀座のクラブ・ムアンのママで、高柳を助手席に乗せていた。和子と高柳が帰宅すると下田忠雄という男が待っていた。下田は、実は昭明相互銀行社長で、和子は彼の愛人であった。下田は、「人類信愛」をモットーとする博愛主義者でとおっているが、その陰には、寿永開発という名のトンネル会社が存在し、社長の立石恭輔をあやつっていて、またその地位から政界の中枢との太いパイプも持っていた。井川はムアンを訪れるが、和子に冷たくあしらわれる。それを観ていた業界紙の記者山越貞一は、井川に声をかけ、和子のパトロンは高柳でないと告げる。山越は、業績の悪化を噂される東洋商産に深い探りを入れていた。下田の豪邸が放火された。犯人として、付近にたむろしていた、夜の銀座で車の誘導係をする通称ジョーこと田中譲二が連行されたが、放火が突然失火に変わり釈放された。犯人は和子であった。彼女は映画館でなにものかの手によって殺された。ある夜、ジョーは休業中のムアンから流れてくる「佐渡おけさ」のメロディーに惹かれて中に入り、和服姿の女性増田ふみ子と知り合った。彼女は、新潟からやってきた新しく名を替えたムアンのママだった。ある夜、下田とふみ子の情事の最中、黒装束の男が忍び込み下田を襲った。男がジョーと気づいたふみ子は逃がしてやる。甲府の山林原野の中で、高柳の首吊り死体が見つかった。井川が自分宛の高柳の遺書を持って山越を訪ねた。それには和子の死の原因などが書かれてあり、井川は記事にしてくれと頼む。欲に目がくらんだ山越は、遺書をもとに下田をゆすり殺された。ふみ子と結ばれた夜、ジョーは自分の過去を話す。彼の父親は下田に、会社の公金横領の濡れ衣を着せられ自殺した。その後、母親も無理がたたって病死したのだった。知り合ったジョーと井川は、復讐を誓い、ふみ子の手を借りて昭明相互銀行の祝賀パーティのさ中、秘密の催し物と称して関係者を集め裏ビデオを見せる。井川を刺したジョーは一人で復讐を遂げた。そして、新潟の海にふみ子とジョーの姿があった。

作品データ

原題
The Street of Desire
製作年
1984年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
125分
製作会社
松竹=霧プロ

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?