ALLUSION 転生譚:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
ALLUSION 転生譚
ALLUSION 転生譚
-

ALLUSION 転生譚

1985年3月23日公開、48分
  • 上映館を探す
  • みたい
    -
  • みた
    -
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

郷ひろみが鎌倉時代の若武者、現代のジゴロ、青年将校に扮し、千年の時代の流れの中で時を超えて彼の魅力を描いた音楽映画。脚本は岸田理生。監督は「瀬戸内少年野球団」の篠田正浩、撮影は遠藤正、撮影協力は「海燕ジョーの奇跡」の鈴木達夫「瀬戸内少年野球団」の宮川一夫がそれぞれ担当。共演は守山知子。収録曲は“CARELESS WHISDER”“どこまでアバンチュール”“美音LANGUAGE”“M9”“CHARISMA”“お嫁サンバ”“MIND反比例”“2億4千万の瞳”“男の子女の子”。

ストーリー

※プロモーション・フィルムのためストーリーは割愛します。

キャスト

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

製作年
1985年
製作国
日本
配給
松竹
初公開日
1985年3月23日
上映時間
48分
製作会社
CBS・ソニー


[c]キネマ旬報社