キネマの天地|MOVIE WALKER PRESS
MENU

キネマの天地

1986年8月2日公開,135分
  • 上映館を探す

松竹が撮影所を大船に移転する直前の昭和8、9年の蒲田撮影所を舞台に、映画作りに情熱を燃やす人々の人生を描く。脚本は井上ひさし、山田太一、朝間義隆、山田洋次が共同執筆。監督は「男はつらいよ 柴又より愛をこめて」の山田洋次、撮影も同作の高羽哲夫が担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

浅草の活動小屋で売り子をしていた田中小春が、松竹キネマの小倉監督に見出され、蒲田撮影所の大部屋に入ったのは昭和8年の春だった。小春は大震災で母親を失い、若い頃旅回り一座の人気者だったという病弱の父・喜八と長屋でのふたり暮らしだ。蒲田撮影所での体験は何もかもが新鮮だった。ある日、守衛に案内されて小倉組の撮影見学をしていた小春はエキストラとして映画出演することになった。だが素人の小春にうまく演じられる訳がなく、小倉に怒鳴られた小春は泣き泣き家に帰り、女優になることをあきらめた。長屋に戻って近所の奥さんにことのいきさつを話している小春を、小倉組の助監督島田健二郎が迎えにきた。「女優になりたがる娘はいっぱいいるけど、女優にしたい娘はそんなにいるもんじゃない」。健二郎の言葉で、小春は再び女優への道を歩み始めた。やがて健二郎と小春はひと眼を盗んでデイトする間柄になった。小春は幸福だった。しかし時がたつにつれ、映画のことにしか興味をしめさない健二郎に少しずつ物足りなさを覚えるようになった。小春の長屋の住人たちは不況下の失業にあえいでいた。そんな中で、唯一の希望はスクリーンに登場する小春だった。夏もすぎ秋になって、小春はプレイボーイとして有名な二枚目スター、井川時彦と親しくつき合うようになった。師走に入って、健二郎は、労働運動で警察から追われている大学時代の先輩をかくまったとして、留置所に入れられてしまう。その留置所生活で得たのは、かつてなかった映画作りに対する情熱だった。年が明けて、小春が大作の主演に大抜擢された。主演のトップスター川島澄江が愛の失踪事件を起こしたため、その代打に起用されたのだ。しかしその大作「浮草」で演技の壁にぶつかって、小春は苦悩した。その小春を、喜八はかつて旅回り一座の看板女優だった母と一座の二枚目俳優のロマンスを語り励ました。実は小春の本当の父親はその二枚目であることも--。「浮草」は成功した。人があふれる浅草の映画館でゆきと「浮草」を見に行った喜八は、映画を見ながら静かに息をひきとった。

作品データ

原題
Final Take
製作年
1986年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
135分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.4
  • Movie Walkerユーザー

    2
    2018/11/22

    渥美清が出てきて、未亡人に惚れて、長々と理屈をこくシーン要るのか。あれだけでこの映画が台無し。しかも未亡人は倍賞千恵子だよ。ストーリーも次どうなるかがそのまんま予想できそうなありきたりな話。何が名作だと思ったよ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • 晴耕雨読

    5
    2009/9/19

     昨今のマスコミでは覚醒剤使用で逮捕されたテレビタレントもやった元・アイドル歌手のことを「女優」と呼んでいますが、「女優」とは映画に出演している女性を言うのであり、かつて、オスギとピー子が辛辣に女優とテレビタレントを識別していました。私自身も彼ら(彼女!?)の意見に賛成しています。「キネマの天地」には実在する人たちも多く登場しますが、昭和の時代背景として戦争の影がそこかしこに描かれています。中でも興味深かったのは、当時人気女優だった岡田嘉子が愛人の演出家杉本良吉と樺太の国境を越えてソビエトに亡命した「恋の逃避行事件」を物語に取り入れて構成しているところにあります。両者とも配偶者がいる身でしたが、夜汽車のワンシーンだけで、不倫の切なさを演出した山田洋次監督は流石です。

     この映画の主題歌は「蒲田行進曲♪」ですが、これを映画の題名にしたのが、深作欣二監督作品であり、それを松竹側が意識したのか、東映映画「蒲田行進曲」に対抗して、松竹オールスターと言うか、「男はつらいよ」の常連俳優たちを全員登場させ、「蒲田行進曲」の主役二人の松坂慶子と平田満を脇役として起用しているところも面白いです。ヒロインの田中小春(有森也実)は、テレビドラマの「東京ラブストーリー」では、主人公の鈴木保奈美の恋敵として、世の女性たちから敵対視されてしまいましたが、その後の活躍が見られないのは、彼女自身も「女優」ではなく、テレビタレントでしかなかったのかと思っています。

     小春の父親・喜八の渥美清と廃品回収業者の笹野高史の会話は「森の石松」と乗船客のエピソードを彷彿とさせ笑わせてくれますが、古典落語にも精通している山田洋次監督の人情喜劇は後味のいいホロリとさせられる感動を与えてくれます。昭和初期の活動写真と呼ばれていた、映画の製作現場を丁寧に描き、プログラムピクチャーの早撮りが上手い映画監督が、撮影所長には感謝されても、映画作家として尊敬される存在には程遠い存在であることも認識出来ますし、かなりシリアスに書き込んだ脚本を大幅に変更させられてしまう現実も良く聞く話です。映画製作に行き詰まりを感じて挫折しかけていた助監督の島田(中井貴一)が、映画を唯一の楽しみにしている多くの貧しい庶民の存在に気づいて、ツルゲーネフの短編文学を原案とした脚本に戻るエピソードの数々も山田監督の真骨頂であり、これこそが松竹大船調(蒲田調!?)なのでしょう。このように映画愛を描きながら親子愛をコアにドラマが進捗していきますが、ラストシーンの浅草六区の賑わいは映画ファンであれば忘れられない名シーンになるでしょう。

    【ビデオ・マイコレクション】鑑賞

     

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告