漂流教室|MOVIE WALKER PRESS
MENU

漂流教室

1987年7月11日公開,104分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ある日、突然学校が未来にタイム・スリップする。中にいた先生と生徒の必死のサバイバルを描くSF。楳図かずおの同名漫画の映画化で、大林宣彦、石上三登志、小倉洋二が潤色し、「スケバン刑事」の橋本以蔵が脚本を執筆。監督は「野ゆき山ゆき海べゆき」の大林宣彦、撮影は志満義之、「恋する女たち」の宝田武久がそれぞれ担当。

映像の魔術師・大林宣彦の世界【『海辺の映画館-キネマの玉手箱』特集】

映像の魔術師・大林宣彦の魅力に迫る PR

余命3か月を宣告されながらも、故郷である尾道を舞台にした超大作『海辺の映画館-キネマの玉手箱』を完成させ、今年4月10日に82年の生涯に幕を下ろした大林宣彦監督。本特集では大林監督が手掛けた作品群から、その平和へのメッセージを解き明かす。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

父の転勤でロサンゼルスから神戸にもとった高松翔は、母・美恵子と口論し、自転車にとび乗って、コーベ・インターナショナル・スクールへ。途中で三輪車で遊ぶ勇一と出会った。学校にはさまざまな国の子供たちが通っている。サッカー・ファンのマーク、彼を好きなあゆみ、ふとっちょのピギィ、そしてみんなの憧れの的である久和みどり先生が、タガート先生のバイクに同乗してやってきた。パン納入業者の関谷も、うすら笑いを浮かべながら校内へ。みどりに恋人達也がいて、もうすぐ結婚すると分り、タガートは哀しさを隠してみんなと一緒にみどりを祝福する。突然、デビィの体が浮き、窓から吸い出された。学校が大揺れし、すさまじい音をたて、窓ガラスが割れて大量の砂が流れ込んでくる。学校の建っていた場所には巨大な穴があき、恵美子、達也が立ちすくむ。ジャッキー・大和島博士はタイムスリップしたのではないかという。学校内では外界との連絡がつかず、食料も乏しく、みな呆然となる。いつの間にか勇一が忍び込んでいたことが分った。勇一は奇妙な動物イヤアと仲良くなる。関谷は気が狂ったようにあゆみにナイフをつきつけ、翔がとびつくがはらいのけられる。神戸では何かを感じた恵美子が穴に野球バットをおとす。翔はのばした手がつかんだバットで関谷を倒す。教室の外は砂の海だった。巨大な怪獣が襲いかかるが、みどりがピアノを弾くと去っていった。みんなはみどりは僕らの母親だといい、自分のいる場所がないことを知ったタガートは姿を消す。翔は探険隊を率いて砂漠を探査して、翌日、学校にもどると、学校ではなんと一月たっており、みどりを始め多くの人命が失われていた。怪獣が群をなして襲いかかり、マークが生命をかけて倒した。竜巻が吹き、その向うに神戸が見える。しかし、竜巻には勇一しか運ぶ力がなく、みんなは彼一人を送り出した。イヤアが変身して怪獣となり、みんなに別れを告げ仲間と去っていく。残った数人の少年少女は、この世で生き続けることを誓うのだった。

作品データ

製作年
1987年
製作国
日本
配給
東宝東和
上映時間
104分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?