愛しのハーフ・ムーン|MOVIE WALKER PRESS
MENU

愛しのハーフ・ムーン

1987年8月8日公開,85分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

結婚を目前に控え揺れ動く若い女性の心理を、彼女を取り巻く友人男女の青春群像を織りまぜなから描く。女優原田美枝子原作の同名小説の映画化で、脚本は「本場 ぢょしこうマニュアル 初恋微熱篇」の斎藤博、監督は「コミック雑誌なんかいらない!」の滝田洋二郎、撮影は同作の志賀洋一がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

23歳のOL、杉野洋子には、横山と石田という大学時代の先輩で好対称の性格のふたりの男友だちがいる。ふたりとも洋子を想っていたが、洋子は真面目で直情型の横山に次第に魅かれるようになっていた。そして、横山のプロポーズを承けたのが昨年のことだった。今年の夏、横山と洋子は結婚式場さがしで大忙し。そんな中で洋子は胸にふっきれないものを感じはじめていた。平凡な人との結婚は本当に幸福なのだろうか……と。疲れた足どりで横山のアパートに戻ったふたりだが、一方的に体を求め命令口調な横山に腹をたてた洋子は部屋を飛びだした。翌日、昨日のことを会社の同僚・由美に話す洋子。そこに横山を連れて石田が痴話喧嘩の調停役として現われた。終業後、四人は飲みに出かける。意気投合した石田と由美はホテルへ。横山は洋子のアパートまで送り、洋子と暮らす姉、レイ子に一度も会っていないことを話題にした。洋子の顔が一瞬こわばった。レイ子はその日暮らしの自由奔放な生き方をしているのだった。数日後、毎日会いたがる横山をうっとおしく感じた洋子は、初めてデートを断った。失望しヤケ酒をあおった横山は洋子のアパートを訪れた。洋子は不在で、初めて顔を合わせたレイ子と話しているうちにベッドを共にしてしまう。そのことを知った洋子は横山の大切さを改めて確信した。翌日、レイ子が横山、石田、由美とアパートに戻って来た。レイ子に夢中な石田に逆上した由美はナイフ片手にレイ子をめがけた。かばった石田の腕から血が流れ、これがきっかけで石田とレイ子は結婚することになった。結婚式の当日、横山はとうとう現われなかった。石田と真剣に話し合った洋子は、もう一度横山との愛を育てるために彼のアパートへ向かった。

作品データ

製作年
1987年
製作国
日本
配給
にっかつ
上映時間
85分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?