天使のはらわた 赤い眩暈|MOVIE WALKER PRESS
MENU
天使のはらわた 赤い眩暈
天使のはらわた 赤い眩暈

天使のはらわた 赤い眩暈

1988年5月14日公開,74分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

恋人に裏切られた女と客の金を使い込んでしまった証券マンとの愛の逃避行を描く。原作・脚本は「天使のはらわた 赤い淫画」などの“天使のはらわた”シリーズや「死霊の罠」(脚本のみ)の石井隆で、初めて監督も務めた。撮影は「DOOR」の佐々木原保志が担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

土屋名美は22歳の看護婦で、将来は同棲中のカメラマン太田健一と結婚したいと考えていた。ある晩、名美は夜勤で病院にいたが、患者からナース・コールが入り、病室へと急いだ。しかし、そこで二人の患者に犯されそうになる。必死の思いで逃げ出し家に戻ったが、マンションでは健一がモデルの真子と抱き合っていた。名美は悔しさで、家を飛び出していった。証券マンの村木は客の金に手を出し、首が回らなくなっていた。妻には逃げられ、会社もクビになった村木はやけになって車を走らせていて、名美をはねてしまう。村木は名美を乗せて雨の中を郊外まで走った。村木に体を触られて目を覚ました名美は近くにあった捧で村木の頭をたたいたが、彼はしつこく追いかけてきた。廃校で村木は名美を犯しながら泣いて、名美も抵抗する気力をなくした。二人の間に不思議な感情が生まれ始めていた。村木は名美を残してガソリンを買いに出かけたが、途中でやくざに絡まれ殺されてしまう。名美は明け方「テネシー・ワルツ」を聞きながら泣いていた。

作品データ

製作年
1988年
製作国
日本
配給
にっかつ
上映時間
74分
製作会社
にっかつ=ニュー・センチュリー・プロデューサーズ

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?