極道の妻たち 三代目姐|MOVIE WALKER PRESS
MENU

極道の妻たち 三代目姐

1989年4月8日公開,119分
  • 上映館を探す

極道とその妻たちとの愛や権力争いを描く。「極道の妻たち」シリーズの第3弾。家田荘子の同名ノンフィクションの映画化で、脚本は「死線を越えて 賀川豊彦物語」の高田宏治が執筆。監督は「将軍家光の乱心 激突」の降旗康男、撮影は「姐御(1988)」の木村大作がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

関西のヤクザ、坂西組の三代目組長・坂西武雄が倒れて入院、妻の葉月が一万五千人余の組員を抱えて切り盛りしていた。組長代行の舎弟頭・寺田は組の企業化を進めて四代目を狙っている。そんな時、坂西のためなら命もいとわない子飼いの若頭補佐・赤松が出所してきた。赤松には権力志向はないが、一部の幹部に推す者がおり、三代目の死をきっかけに主導権争いが起こった。また、赤松をめぐって葉月とクラブ“ローズタトウ”のママ、野方操は激しく女の情念の火花を散らす。赤松は瀬戸にある坂西の生家に葉月を訪ね、寺田が入れ札で四代目組長に決まったことを報告した。葉月は赤松に3億円を渡し「寺田との戦争に勝て!」と言い放つ。赤松は寺田の知恵袋・木曽を射殺して宣戦布告、アリバイ工作のために清美という女を利用するが、健気に生きる姿に惚れていった。寺田は赤松を破門するが、葉月から三代目の遺書があることを聞かされ、焦りから赤松と清美を射殺した。しかし、遺書には寺田を四代目組長に、赤松を組長補佐に指名していた。葉月はその遺書を破り、坂西組を自らの肩に負うことを決心したのだった。

作品データ

製作年
1989年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
119分

[c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

3.0
  • rikoriko2255

    矢口渡

    3.0
    2019/11/27

    極道の妻たちシリーズ第三弾。豪華な演技陣。その中でも、主役は三田佳子さん。華やかな女優さんなので存在感抜群。しかも、脇を固める成田、綿引、新藤、西川など多彩。若手としての財前、吉川など、それぞれに見る価値は高い。ショーケンだけ異次元な感じだが、楽しく観られました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告